香取慎吾が、日仏友好160年にあたる今年7月からフランスで開催される日本文化・芸術の祭典『ジャポニスム2018:響きあう魂』の広報大使に就任。香取が手掛けたアート作品も展示される。自身にとっては初の個展となる。

 日仏友好160年にあたる今年7月から、パリを中心にフランスで開催する日本文化・芸術の祭典『ジャポニスム2018:響きあう魂』。その50を超える公式企画に、香取慎吾のアート作品を展示する展覧会『NAKAMA des ARTS』の追加が決定した。

 「NAKAMA des ARTS」展が開催されるのは、フランス・パリのルーブル美術館地下、シャルル5 世ホール。香取の初の個展となる本展覧会では、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェだけでなく、ファッションや「“弱さ”が“強さ”」というコンセプトのもとフランス初上陸となる「ZUKIN【頭巾】」を何個もつなぎ合わせたドーム型の形をとる「新しい建築」とのコラボレーション作品も発表される予定だ。

 展覧会実施に向けて香取は「アートにゴールはないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることにぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたいで」とコメント。

 また同時に、香取の「ジャポニスム2018 広報大使」の就任も決定した。歌手・俳優にとどまらず、アーティストとしての活動やSNS など幅広いメディアを通じた表現が、あらゆる世代から大きな反響を受けていることを受け、今後は「ジャポニスム2018」についてのSNSでの発信や広報大使としての活動を実施する予定。

 今回の決定を受け、香取は「ぼくの大好きなフランスと日本の“響きあう魂”を、パリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」とコメントしている。

「NAKAMA des ARTS」展 開催概要

期間:2018 年9 月19 日(水)~2018 年10 月3 日(水)
会場:ルーブル美術館シャルル5 世ホール(カルーゼル・ドゥ・ルーブル内)
主催:カブシキカイシャモボ・モガ
共催:国際交流基金

「ジャポニスム2018:響きあう魂」とは

日仏友好160 年の本2018 年、両国政府間合意に基づき、芸術の都フランス・パリを中心に、大規模な日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」を開催。パリ内外の100 近くの会場を舞台に、約8カ月間に亘り、美術展、舞台公演、映画、その他食や工芸など日本人の日常生活により密着した文化まで含め、さまざまな日本の芸術と文化を、古典から現代まで幅広く紹介。会期を通じ、50 余りの公式企画の実施を計画中。東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本文化の多様な魅力をパリに、またパリを通して世界に向けて伝える。

記事タグ