米アカデミー賞公認国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』(略称=SSFF&ASIA)の代表を務める別所哲也が25日、小池百合子・東京都知事のもとを表敬訪問した。その後、別所は囲み取材にも応じ、SSFFへの思いとともに、20日に閉幕した『カンヌ映画祭』で、最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』(6月8日公開)を手がけた是枝裕和監督への賞賛の思いを語った。

 SSFF&ASIAは東京都と共催で、2016年から都の観光施策である「東京ブランド」を発信するべくコンペティションに「Cinematic Tokyo部門」を設置。多彩な「東京」の魅力を発信するプロジェクトとして、撮影地が「東京」である作品、「東京」をイメージした場所・物を取り扱った作品、100年後の東京を想像して描いた作品など多くのショートフィルムが、毎年世界各国から応募されている。今回の表敬訪問は、そのSSFF&ASIAの団体創立20周年開催に先駆けておこなわれた。

別所哲也

表敬訪問のようす(撮影=桂 伸也)

 映画『スター・ウォーズ』の生みの親、ジョージ・ルーカス監督からも声援を受け、東京都からも協賛を受けながら一年一年積み重ねてきた道のりを、別所は「本当に感無量です」と20周年を迎えた現在の心境を語る。今回はルーカス監督より、グランプリに対して「ジョージ・ルーカス アワード」という命名の許可を受けたことで「ここ東京からこんな風に世界に発信できる」とその喜びもひとしおであることを明かしながら「世界の方々がこの東京を映画にしたいと思ってもらえると嬉しい」とイベントへの思いを語る。

 一方、この日対面した小池都知事に対して「来年もこのプロジェクトが続くようでしたら、是非(小池)東京都知事にも、女優として参加いただけたらなと。先程言えばよかったなと今、後悔しております」と少しユーモアを加えて語りながら、どんな役を要望するかと問われて「やっぱり東京の魅力を発信する、東京を紹介するところが良いかと思います」と自身の希望を語った。

 表敬訪問の際に小池都知事が、是枝監督が東京生まれの東京育ちと紹介したことに対して「映画祭でも『カンヌ・プログラム』というコーナーもありますが、カンヌ映画際はまさに映像の未来予想図で、今素晴らしい監督として世界中が熱い視線を集める是枝監督が受賞したというのは素晴らしいこと」と賞賛。

表敬訪問のようす(撮影=桂 伸也)

 また、もともと是枝監督は同イベントに参加したこともあり「若い映像作家のことをいつも考えてらっしゃっていて、パルムドールのスピーチでも『これから後に続く人たちの勇気にもなる』と、そんな風にもおっしゃっていたのが、私たちの映画祭にもつながる嬉しいメッセージだったと思います」と是枝監督の受賞のひと時を振り返っていた。

 なお、同イベントではフェスティバルナビゲーターの就任した三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが公式テーマソング「FUTURE」を提供。同日にSSFF&ASIAオフィシャルサイトでストリーミング配信を開始している。【取材・撮影=桂 伸也】