今年メジャーデビュー10周年を迎える片桐舞子と河井純一のユニット・MAY’Sが23日に、デュエットミニアルバム『デュエットしようよ』をリリースする。今作はその名の通りゲストを迎えてのデュエットソング集。 “盟友”であるMay J.、山猿を迎えた新曲をはじめ、宮崎薫、SHIKATA、KG、海蔵亮太の6人のシンガーがデュエットとして参加する、MAY’Sの二人がこの10年で培ってきた絆や経験などが反映された作品ともいえる。ただ、裏を返せば6人それぞれの個性を引き出したうえで統一感を持たせるのは難しいことともいえる。「歌い手との作業になると私は一気にプロデュースモードになる」と語るボーカルの片桐舞子は、河井純一とともにどのように個々の魅力を引き出そうとしたのか。そして、デュエットアルバムにしようと思ったのか。インタビューで探ってみた。【取材=村上順一/撮影=冨田味我】

一つの曲の中で実はシンガー同士が戦っている

『デュエットしようよ』ジャケ写

――今回、デュエットアルバムにしようと思ったのは、どのような経緯からだったのでしょうか。

  私たちの最近のリリースはシングルではなく、ミニアルバムやフルアルバムが多く、制作側のカロリーが高いのですが、その中で聴き手にとっても作り手にとっても違う楽しみ方が出来る作品を作りたくて。今作は普段とは違うコンセプティブなものにしたいという思いからデュエットという案が出てきました。

 いつもサポートして頂いているビッグエコーさんが30周年ということもあり、その企画のなかで、私たちと一緒にやりたいと言ってくださったので、カラオケでデュエットしてもらえるような曲を作りたいと思いました。みんなでカラオケに行って「デュエットしようよ」みたいな(笑)。

――昔からデュエット曲に興味はあったのでしょうか?

 幼い頃は民謡を歌っていたこともあり、ソロで歌うことが多かったのであまり興味はなかったと思います。MAY’Sとしての活動が始まってからですね。

――片桐さんから見て、デュエットの魅力はどこにあると思いますか。

 デュエットって一つの曲の中でシンガー同士が戦っていながらも、気持ちが良いところは2人で倍増させられて、自分自身もボーカリストとしてステップアップ出来るところです。

――今回は6人のシンガーと共演してみて大切にしたところは?

 私たちは自分たちでプロデュースしているユニットなので、共演していただいたシンガーの魅力をどれだけ引き出せるかを大切にしました。楽曲も“この人とやるため”にって書いた曲もあれば、既に出来ていた曲で相方をずっと探している曲という2パターンありました。

――「Forever ~これが奇跡なら~」がもともとあった曲で、相方を探していた曲なんですよね。

 そうなんです。この曲はデュエット曲として作っていて、その時から良い曲になるという確信がありました。この曲を最大限に引き出せる歌い手さんを探している中で、山猿がすごくしっくりきました。

――作っている最中は男性か女性かは決まってなかった?

 男性と決めていました。歌詞のテーマも決めていたので、それを山猿に伝えて歌詞を書いてもらいました。掛け合いの部分は私が書かせてもらって、お互いのバース(AメロやBメロ)はそれぞれが担当しました。

――山猿さんにはどのような期待を込めてオファーされたのでしょうか。

 山猿は昔から私たちの曲を好きで聴いていてくれていたり、私のことを姐さんと呼んでくれるくらい親しいんです。そのくらい距離が近いこともあって、熱い人だなというのは常に感じていて。山猿の書く言葉のピュアでまっすぐな部分が今回すごく欲しかったんですけど、私が想定していたものよりさらに上回った歌詞が届いたので、嬉しかったです。

――5月6日のツアー初日には山猿さんがゲストで出てもらってこの曲を歌ったんですよね。また、曲のイメージが変わったりしました?

 この曲はミディアムバラードみたいなイメージがあると思うのですが、歌うとすごく情熱的になるんです。ライブになるとお客さんも腕を上下に揺らしながら聴いてくれていて(笑)。それはサウンドメイクが会場で響くように出来ているのでミディアムバラードでは終わらない感じになっていることも要因だと思います。

――歌の出だしは山猿さんですが、ここを片桐さんから入ったらまたイメージ変わりますよね?

 実は出だしを私が歌うパターンもありました。でも、山猿が歌った方がパンチは出ると思っていました。

――そうだったのですね。この曲は結婚式の披露宴などで歌ってもらえたら嬉しいですよね。

 そうですね。ゴールはすごくハッピーであってほしいんですけど、それだけではなくて、そこに辿り着くまでの2人の道程が感じられる曲になって欲しいと思っています。今私と同世代の人たちが結婚ラッシュで、私も周りの結婚報告を受けることが多くて、その中でウェディングソングの新しい形が作れたら嬉しいなと思いながら作りました。

――ミュージャン“あるある”として、披露宴で歌うことが多いですよね?

 だいたい歌わせてもらってます(笑)。披露宴の余興って最後の方だから、緊張で料理が食べられないという“あるある”ですね(笑)。歌い終わった頃にはもうデザートで…。

――プロの方でも緊張されるんですね。この曲はどのように歌ってもらえたら嬉しいですか。

 やっぱり披露宴などで男女でデュエットしてもらえたら嬉しいです。

記事タグ