みんなの心のヒーロー

――「進化理論」は心地よい弾けた曲だなと聴くたびに思います。中でも「ガンガンズダンダン!」など、擬音のような表現が耳へスーッと印象深く入ってくるんですよね。

辻本達規 「ガンガンズダンダン!」って、とてもキャッチーで耳残りの良いフレーズですよね。僕ら、よくイベントで子供たちに接する機会も多いんですけど、子供たちも「ガンガンズダンダン!」と口づさんでいて、とても印象深く覚えやすいんだなと改めて思いました。

平松賢人 最近は、『新幹線変形ロボ シンカリオン」に登場するキャラクターたちが履いてる靴を愛用している子を多く見かけるんですよ。それだけ子供たちに浸透しているんだなとも感じています。

小林豊

小林豊

――みなさんの新しい衣装も…。

小林豊 辻本が新幹線のこまちで、僕がはやぶさ、平松はウルトラマンの隊員をモチーフにしています。

平松賢人 誰がウルトラマンの隊員や!(笑) 僕は、ドクターイエローをモチーフにしています。
小林豊 今回は、メンバーみんな新幹線をモチーフにした衣装のように、誰が、どの新幹線なのかを想像してもらうのも楽しいかも知れないね。若干1名、リニアモーターカーをモチーフにしているメンバーもいますけど。

辻本達規 「進化理論」は疾走感を持った曲で、そこも新幹線のイメージとシンクロしているところです。MVにもそういう面が反映されていますので、ぜひチェックしてください。そのMVではメンバーは絶え間なく飛んだり跳ねたりしていますので、そこも見てほしいですね。

――今回はアニメとコラボしたことで、新しいボイメンの魅力が見えたという印象もありました。

小林豊 僕らの場合、ノンタイアップ曲だからこそ出せるボイメンらしさと、いろんな作品と絡むことで生まれる普段とは異なる魅力の、2つの面を出しながら進んできましたからね。そうやって新しい魅力を加えていくことを僕ら自身も楽しんでいます。

――ところで、皆さんにもヒーロー願望はありますか?

辻本達規 ありますよ。僕と小林は、もともとヒーローをやっていましたからね。

小林豊 僕は仮面ライダーバロンの声を担当していましたし、辻本も『黄金鯱伝説グランスピアー』で主役のヒーロー・帯刀大河役を演じていました。

辻本達規 彼(小林)は二番手ですけど、僕は主役ですからね。ただし、彼は全国区の放送、僕は東海三県のみ。

小林豊 そう、二番手だけど、僕は全国放送でした(笑)。

辻本達規 でも、僕は主役のヒーローですから、どっこいどっこいなヒーローの立場と言えるんじゃないですかね(笑)。で、平松は、一生懸命…。

小林豊 ヒーローになろうと頑張ってます。

平松賢人 俺、オチ担当じゃないかよ、それ(笑)。

平松賢人、小林豊、辻本達規

――ヒーローを演じた経験があるって素敵ですよね。とくに子供たちにとって、いつだってヒーローは憧れですから。

辻本達規 とくに男の子はヒーローに憧れますよね。僕だって、子供の頃に見ていたヒーローには今でも憧れを持っていますし、そのヒーローの一人に自分がなれたのがとても嬉しいことなんです。

――ボイメンのファンからしたら、みなさんがヒーローですから。

辻本達規 みんなの心のヒーローになれていたら嬉しく思います。

小林豊 そうなっていたら嬉しいよね。

平松賢人 その言葉は四方八方から耳にします(笑)。

記事タグ