“しょこたん”こと中川翔子が5日、東京・豊洲PITでワンマンライブ『SHOKO NAKAGAWA BIRTHDAY LIVE 〜19850505〜』をおこなった。ライブは昼と夜の2回公演で33歳の誕生日を記念しおこなうというもの。ライブのテーマは“懐かしさ”でアニソンメドレーや代表曲「空色デイズ」や「愛いっぱい、せいいっぱい」など、アンコール含め圧巻の全33曲、昼と夜合わせて66曲を披露し訪れたオーディエンスを魅了した。「人生最高で最強の日」となった夜公演のもようを以下にレポートする。(取材=村上順一)

今までで一番歌ってやろうと思います

中川翔子(撮影=外山繁)

 開演時刻を少々過ぎたところで場内は暗転。まずはサポートメンバーの「貪欲戦隊ギザレンジャー」が登場し、幻想的な光がステージを包み込む中、中川がステージにゆっくりと登場。「ぶち上げて行くぞ!」と力強い言葉から始まったのは「9lives」。序盤から拳を掲げ、エネルギッシュなハイトーンボイスでクライマックスのような盛り上がりを見せた。

 「会いたかったよみんな〜!」と「lemonade」、先ほどとはまた違った歌の表情を見せる中川は「フルボリュームで行くよ〜」と「apple universe」と、その言葉にオーディエンスの掛け声もヒートアップ。オーディエンスとのコール&レスポンスで絆を確かめ合いMCへ。「年齢はレベルだと今日が最強の日だ!Lv33だから33曲歌います!今までで一番歌ってやろうと思います」と宣言。今日のライブのテーマは懐かしい。

 ここからハイテンションメドレーと題し、手拍子で盛り上がった「Shiny GATE」、「隣の人とチューしちゃえば」と投げかけ「せーので恋しちゃえ」、踊りたくなるような躍動感あふれる「souffle secret」、キュートな振り付けで魅了した「PUNCH LINE!」と4曲連続で披露。

 続いて、中川の凛とした歌声を堪能出来る「happily ever after」、「涙の種、笑顔の花」ではみんなのおかげで歌うたびに元気になっていくと、みなぎるパワーを感じさせ、その勢いのままアニソンメドレーへ突入。大好きなアニソンを歌う中川はノリノリのパフォーマンス。イントロでの振り付けも印象的だったアニメ『シティーハンター』の主題歌「Get Wild」、そして、みんなでスクワットなど筋トレで異質な光景が広がったアニメ『ドラゴンボール超』主題歌の「限界突破×サバイバー」と、誰もが知ってるナンバーで大いに会場を盛り上げた。

 「魔法のステッキを装備して下さい」とピンクのペンライトを中川も使っての『魔法陣グルグル』ED主題歌の「Magical Circle」。さらに『ポケットモンスターXY』のEDテーマの「ドリドリ」とアニソンの持ち曲を立て続けに披露。間奏では「みんなの夢が叶うように、ドリドリタイム!」とペンライトをぐるぐる回して一体感をより高めた。ここで、一旦ステージを後にする中川。

 ギザレンジャーによるインストナンバーに続いて衣装をドレスにチェンジし「make a wish□(□は白抜きハートマーク)」で後半戦はスタート。この曲では撮影が可能に。この為に3キロのダイエットに成功したことをと報告する中川。さらにバースデーケーキも登場し、記念すべき瞬間を会場のみんなと共有。「みんなの笑顔、一生心にセーブするんだ」と喜びを綴った。

 ここで歓声が起こった懐かしいナンバー「千の言葉と二人の秘密」を届けた。ブルーのライトに照らされるなか、壮大なスケール感のバラードを丁寧に情感を込め歌い上げていく。しっかりとその歌声に耳を傾け聴き入るオーディエンス。続いて、無数の星の明かりに囲まれる美しい光景のなか「ありがとうの笑顔」を歌唱。楽曲の世界観に浸るなか「いつもみんな本当にありがとう」と感謝を告げる中川。「言葉にならないありがとうの気持ちで一杯です。生きてるなかで歌ってる瞬間が幸せです」と歌うことへの幸せを噛み締めていた。

 ディズニーの『塔の上のラプンツェル』の新曲「Set Yourself Free」を宇宙一早く披露。自由って素敵だということを感じさせるアラン・メンケン(米・作曲家)作曲のミディアムバラードナンバー。透明感溢れる歌声を会場に響かせた。

今までで一番レベルアップを実感しました

中川翔子(撮影=外山繁)

 ここで、7月7日に開催される『Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018 - Japan Kawaii Live -』に出演するために10年ぶりに渡米することを報告。10年前のことを振り返った。「三十路って楽しいね! 今が一番リア充かもしれない」と話し、バラードナンバーで癒されたところで、再びメドレーコーナーへ。「みつばちのささやき」や「ラベンダー」など心踊る甘いポップナンバーを披露。「甘宿り」のエンディングでは雨が降るSEに、「タオルを装備しろー!」と投げかけ、スピードロックナンバー「TYRANT too young」で中川もタオルを振り回し、客席へそのタオルを投げ入れるパフォーマンスも。

 「まだまだ体力残ってるんだろ!」と「桜色」に突入すると会場全体でジャンプ。ピンクのペンライトを持って飛び上がる瞬間は会場に桜の花が咲くような瞬間だった。続いて、ビートの効いた青春パンクを彷彿とさせるスピーディなナンバー「つよがり」で、我々の背中を押してくれるような力強さを感じさせ、代表曲「空色デイズ」を投下。先ほどまでピンクのペンライトで一色だったフロアも楽曲のカラーに合わせブルーに変化。「最後の曲ぶちあげていくぜ!」と「We can do it!!」で「人生最高で最強の日」を体現するようなパフォーマンスで本編を終了した。

 アンコールの呼びかけとして、「空色デイズ」をシンガロングするオーディエンス。その歌に被せるように中川が歌いながら再びステージに登場。この日のセットリストについて言及。「ネガティヴ中川が何度も止めた、どうなることかと思ったが、折り返し地点からランナーズハイみたいになった」と、この無謀とも言える33曲を披露したライブを振り返った。

 そして、「歌える瞬間が空にいる大切な命に一番声が届く、想いが伝わる時間だと思います。だから、これからもライブを目指して生きていきたい」と述べ、昨年は愛猫マミタスが亡くなってしまった悲しみでしっかり歌えなかった「愛してる」を披露。やっと少しずつ笑顔で歌えるようになったと話す「愛してる」は「一緒に生きていくんだ」という強い意志を歌から感じさせた。今この瞬間は当たり前ではない、奇跡ともいえるこの時間を噛みしめるように“愛”を歌い上げる中川。

ラストの曲は何するか悩んだと話す中川。でもやっぱりこの曲だろうと「愛いっぱい、せいいっぱい」を披露。「みんなじゃなきゃダメなんだ」と投げかけ、多幸感溢れる愛に満ちた空間を作り上げ、「お互いに戦いまくったね。ライブでまた会える日まで頑張ろうね」と言葉を送り、「今までで一番レベルアップを実感しました」と締め、バースデーライブは大団円を迎えた。