TOKIOの山口達也が25日、今年2月に自宅のマンションの部屋で女子高生に無理矢理キスをするなどして、強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられた。26日に放送されたフジテレビ系情報バラエティ番組『バイキング』ではこの問題について特集を組み放送。

 ゲスト出演した、中条きよしは「本人が酒飲んで、イタズラするというのは悪いことだと思いますよ。その前提で僕は正直言うと、女子高生2人は行くべきじゃなかったと思います」と持論を述べた。

 当時、酩酊状態だったという山口。山口と酒の席に同席したことがあるという、薬丸裕英は「ああ、こういう感じになるんだと思いました」と振り返った。さらに「彼はお酒が一因で離婚して、大切な家族と別れていますよね。だから、その時に改めて欲しかった。これだけ社会に影響を与えてしまったことも猛省して欲しい」とコメントした。

 この日の朝、TOKIOの国分太一が、自身が司会を務めるTBS系情報番組『ビビット』の生放送中に、山口の書類送検を謝罪した。この放送を観ていたという薬丸は「太一は連帯責任だと言っていましたが、僕はもう46歳の大人だし、そういうことはないと思う。あの番組を観ていて胸が締め付けられました」と悲痛な表情を浮かべた。

 なお山口はこの後、今回の件について記者会見をおこなう予定だという。