“絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”のクアイフが10日、都内でおこなわれたメ~テレ(名古屋テレビ)の連続ドラマ『ミューブ♪~秘密の歌園~』の制作発表会見で同ドラマの主題歌「I love ME!」を披露した。ドラマで主演する女優でモデルの平祐奈(19)は「最高でした! 私たちの元気さに負けない元気な歌でハマっています」と彼らの曲を絶賛した。【取材=松尾模糊】

 クアイフは、2012年に結成された森彩乃(Vo&Key)、内田旭彦(Ba&Cho&Prog)、三輪幸宏(Dr)の3人組。「Don't Stop The Music」で2016シーズンから名古屋グランパスオフィシャルサポートソングを担当するなど活躍し、昨年11月に「愛を教えてくれた君へ」でメジャーデビューした。

 『ミューブ♪~秘密の歌園~』は、同じ舞台やキャストで一話完結のストーリーを紡ぐシットコムドラマ(シチュエーション・コメディ)。お嬢さま系女子高の歴史ある部活であるにも関わらず、廃部寸前というミュージカル部を舞台に部長のイケコが新入部員確保の為に奮闘するという物語。主人公のイケコこと池松修子を女優でモデルの平祐奈が務める。

 会見には、平祐奈をはじめ、出演者である大友花恋、優希美青、中村里帆、鶴田奈々、高月彩良、脚本を担当した俳優の池田鉄洋、そしてメガホンを取った宝来忠昭監督が登場。自身の役やドラマの見どころについて語った。

 そして、MCの呼び込みを合図に、ステージの右手にある入り口からクアイフが登場。森は、肩の部分に切り込みの入った黄色いワンピースに緑色のブーツで、内田と三輪の黒をベースとした衣装とは対照的なポップに映える姿だった。

 ドラマ撮影時に現場に訪れたという3人。平は「屋上で撮影している時で、風が強すぎて(笑)。でも、クアイフさんから素敵なお菓子の差し入れを頂いて。みんなで美味しく食べさせて頂きました」とエピソードを明かす。

 そして、MCからこれから主題歌を演奏することがアナウンスされると「わーい、ヤッター!」と初めて観る彼らの生演奏に興奮する様子を見せた。

 会場右手に設けられた演奏スペースで、三輪のドラムスティックでのカウントから、森の奏でるポップなサウンドと内田のアッパーなベースラインが重なる中、森がそのサウンドの中でもくっきりとした輪郭を持つ歌声を響かせる。

 ブレイクから華やかに響き渡る、三輪のドラムと内田の躍動感あふれるベースが生み出すサウンドの中で、森がポジティブに<大事なことはアイラブミー!>と歌うサビでは、壇上の出演者らも手拍子で盛り上がる。平も飛び跳ねてノリノリな様子を見せていた。

 演奏を終えると、拍手と歓声が会場を包んだ。平は「最高でした! 私たちの元気さに負けない元気な歌でハマっています」と絶賛。池田は「歌詞が凄く良いですね。自信ってすぐ無くすじゃないですか。僕のドラマも自信持って、元気で楽しく馬鹿でいいじゃないか、というメッセージを込めているので。ドラマにぴったりな曲だと思います」とコメント。

 森は「ありがとうございます。もう『ミューブ♪』のことだけを考えて書きました」と池田の言葉に安堵した様子。

 なお、同ドラマは東海3県(愛知・岐阜・三重)、ABCテレビで16日から放送。そのほか、テレビ神奈川では18日から放送される。

記事タグ