小嶋陽菜が7日、都内でおこなわれた女性ファッション誌『sweet』の読者イベント『sweet collection 2018』に出演した。この日のイベントのトップバッターを務めた小嶋陽菜。AKB48卒業後では初めてAKB48の曲「ハート型ウイルス」を熱唱し、盛り上げた。

 その後、トークをおこない、ここで今月19日に30歳の誕生日を迎える小嶋に、公私ともに仲が良い同誌の渡辺編集長から花束がプレゼントされた。更に“30歳”という節目をより思い出に残るようにと、パイを持ち込んだ同編集長。小嶋や観客に「いい? 本当にいい?」と同意を求めたあと、こじはるの顔にめがけてパイ投げ。「なんでパイなの!」という小嶋だが、どこか嬉し気。

 そのまま小嶋も渡辺編集長に仕返しのパイ投げをしてみせた。顔面パイまみれの2人。ノリノリの小嶋は「写真撮っていいですよ」と観客に撮影許可のサプライズ。これには共演者からも「事務所は大丈夫ですか?」と心配されるも、「本人がOKなら」ということで急きょ、ステージ上での撮影会が開かれた。

 30歳の洗礼を受けた小嶋だったが、ピースや笑顔など“神対応”で撮影に応じていた。