TRUE、鈴木このみ、内田彩、内田真礼、伊藤美来、ORESAMA、i☆Risの芹澤優、茜屋日海夏、若井友希が24日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催中のアニメイベント『AnimeJapan 2018』で開催された『Animelo Summer Live 2018 記者発表会』に出席した。このなかで発表されたテーマソング「Stand by...MUSIC!!!」の作詞を手掛けた、TRUEの唐沢美帆は「私を含め、皆さんの音楽への想いがアニサマを介して、1つの大きなものになれば良いなと思って作りました」と語った。【取材・撮影=小池直也】

 『Animelo Summer Live』は2005年から毎年おこなわれている、世界最大のアニメソングイベント。レーベルの垣根を越えたアーティストたちが集結し、毎回注目度は増すばかりだ。今回は8月24日からの3日間、さいたまスーパーアリーナで『Animelo Summer Live 2018 “OK”』と題しておこなわれる。この「OK」には「困難を乗り越え、前向きに音楽の力で今年も1つになろう」という想いが込められているのだという。

 発表会はゼネラルプロデューサー・齋藤光二氏による『Animelo Summer Live 2018』のテーマ、ロゴ、コンセプトの説明から始まった。その後、第1弾となる出演アーティスト27組が発表されると、会場に集まったファンたちは大興奮。続いて、その27組から前述の鈴木ら9人が登壇した。さらに豪華アーティストらによって歌われているテーマソング「Stand by...MUSIC!!!」も発表された。作曲は神前暁、作詞はTRUEの唐沢美帆。

唐沢美帆

 舞台に現れた神前は「『ポジティブでストレートな楽曲で』とお願いされていました。なので『こういうものが僕は好き』という気持ちと真面目に向き合って、それを音にしました」と解説した。唐沢は「私を含め、皆さんの音楽への想いがアニサマを介して、1つの大きなものになれば良いなと思って作りました」と語り、さらに「このテーマソングをたくさん愛して頂いて楽しんでいただければ嬉しいです」と重ねた。

 発表会の最後は、登壇したアーティストがそれぞれメッセージを送った。

 TRUE(唐沢美帆)「作詞家として参加させて頂いていますが、ライブでは1アーティストとして盛り上げようと思います」。

 伊藤美来「去年はPyxis、アイドルマスターミリオンスターズとして初めてアニサマに参加させて頂きました。今年はソロで出演なので、緊張や不安もありますが、感謝と光栄な気持ちです。応援のほどお願いします」。

 内田真礼「今回も出させて頂けてとても嬉しいです。毎年『アニサマ』の思い出は濃く深く更新されていっているなと思います。テーマソングも元気付けられる素敵な曲なので、一緒に歌って夏の思い出をつくりましょう」。

 内田彩「『アニサマ』には久しぶりに出演させて頂きます。ソロで出れるとは思っていなかったので、今も緊張しています。この緊張感が良い意味でほぐれて『緊張して損したな』と思える様にニコニコ笑顔でステージが出来たらと思っています」。

 鈴木このみ「出演者に鈴木みのりさんもいて、よく間違えられます(笑)。是非顔と名前を覚えてください。今年の夏も皆さんと一緒に楽しみたいと思います。皆さんの準備はできてますか!?宜しくお願いします」。

 ORESAMA(小島英也)「初出演で右も左もわからない状態ですが、全力でライブは盛り上がっていきたいと思っているので宜しくお願いします」。

 ORESAMA(ぽん)「まさか出演させて頂けるとは思わなかったのでとても驚いています。たくさんの方に愛される『アニサマ』の一端を少しでも担える様に頑張りますので宜しくお願いします」。

 i☆Ris若井「今年も出させて頂けるという事で。アニサマの大きな景色がとても好きです。今年も新鮮な気持ちで、i☆Risらしさ全開で頑張りたいと思います」。

 i☆Ris芹澤「毎年夏の終わりを『アニサマ』で楽しく締めくくれるのが、ありがたいと思っております。昨年はスフィアさんとのコラボが楽しかったので、今年も何か楽しいコラボがあるのかなと期待しています」。

 i☆Ris茜屋「こうして発表の場に呼んで頂けて光栄です。凄く爽やかな夏になりそうだなと楽しみです。本番は盛り上がると思いますので、皆さん楽しんでください」。

記事タグ