ゴスペラーズが18日、都内でおこなわれた『東京 2020 ライブサイト in 2018』に登場。2月にリリースされたシングルの曲「ヒカリ」「まっすぐな橋」を含む5曲を披露すると共に安岡優は大会を盛り上げるための心構えなどを指南、北山陽一はアスリートたちへのエールを送るなど、「2020 東京大会」へのアピールをおこない、会場を盛り上げた。

 『東京 2020 ライブサイト in 2018』は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都が『2020 東京大会』の盛り上げを目指して、平昌2018オリンピック・パラリンピック冬季競技大会期間中に実施するイベント。

 本イベントは平昌冬季五輪開催を記念し、3月18日までの期間で全国7カ所で開催、2020年開催予定の東京五輪に向けて、平昌でおこなわれている競技を大スクリーンで放映するパブリックビューイングや、大学や自治体と連携したステージやアーティストによるライブパフォーマンスなどを披露し、平昌冬季五輪を盛り上げ日本選手団を応援するというもの。会場ではステージのほか、競技体験や競技紹介など、多数のブースも設置された。

ゴスペラーズ

 17日に引き続き、千代田区の日比谷公園に設けられた特設会場にて行われたこのイベント。17日はEXILE USAがEXILE TETSUYA、Dream Shizukaらとともに結成したグループDANCE EARTH PARTYによるステージも行われ、大きな盛り上がりを見せている。

 間もなく訪れる「2020 東京大会」に対し、安岡は「たくさんの出会いを楽しみたい。その中でおもてなし、ホスピタリティを…でもそれは余り難しく考えなくていい、道で落ちているごみを拾うとか、すれ違う人にこんにちはと声を掛ける。自分の気持ちを伝える、それだけでも東京にオリンピックが来たという出会いの最初の一歩ではないかと。それを僕らも、そして皆さんも楽しんでいければ」とその心構えをアピールする。

 また北山は、日本での大会開催に関し「日本の空気を吸うだけである種癒される、究極のホームですよね。ぼくらもファン、応援する身としてホームに感じてもられるよう、選手が気持ちよく競技が出来るように応援したいと思うし、選手の皆さんにもそのホームだからというところでがんばってもらいたい」とアスリートたちへエールを送った。

 ステージの合間には、「2020 東京大会」の際に見たい競技は? とたずねられ、黒沢薫は水泳の自由形とコメント。一方で酒井雄二はパラリンピック競技を楽しみとして見ていることを明かし「よくアクション映画を観たときに、強い気持ちになっちゃう人がいるでしょ? 俺はパラを観ていると、こっちが釣られて強くなったような気がするんです」と大きな感銘を受けていることを語るなど、オリンピック観戦の話に花を咲かせる中で、現在ゴスペラーズが「近代五種ぺラーズ」としてサポートしている近代五種競技を、5人が声を揃えてアピール、会場をにぎわせていた。

 一方、この日3曲目に披露した新曲は、ゴスペラーズの50枚目のシングルとなることに関して、村上てつやが「24年もたっていろんな場所で歌わせていただき、俺たちもそこそこやってきて50枚だな、とこの前感慨深く思ったけど、この間リトグリのシングルを聞いたら、もう10枚超えているって」と、この日ステージに共に現れたLittle Glee Monsterを引き合いに出した自虐オチ。「早ぇな」と突っ込む酒井や「単純計算で直ぐに追い抜かれるな」とポソっと語る北山らに対して、村上は「(俺たちも)頑張っていこうな!」と一言、笑いを誘っていた。

 この日ステージに登場した5人は、村上が歌う「ひとり」のサビのメロディでいきなりスタート。完全アカペラによるいきなりのステージに、観客席からはあちこちから大きな歓声が飛んだ。

 また村上が「世界一の友情ソング、応援ソング」と紹介したカバー曲「Stand By Me」では、観衆とサビ部分で、ハーモニーで掛け合いを行うなど、終始ステージを盛り上げ、5人は楽しいひと時を演出した。【取材・撮影=桂 伸也】

セットリスト
1. ひとり
2. 永遠に
3. ヒカリ
4. Stand By Me
5. まっすぐな橋