EXILE TETSUYAが9日、江陵オリンピックパーク内にある『Tokyo 2020 JAPAN HOUSE』を訪問した。同施設は、東京 2020 組織委員会と東京都が、平昌 2018 オリンピック・パラリンピック冬季競技大会(以下、平昌 2018 冬季大会)期間中に開設しているもの。

 TETSUYAはさっそく「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」のメインコンテンツ、東京の観光地のCG映像の中に来場者の等身大アバターが出現する「THE TOKYO TRAVELLERS コーナー」を体験。スキャン後、自身のアバターを見つけて「すごい技術で新鮮!」と、日本の最先端の技術に驚き、「東京 2020 大会追加競技イメージフォトコーナー」では、東京2020パラリンピック大会で新競技として追加されたテコンドーに挑戦するなど、館内を満喫していた。

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪れたEXILE TETSUYA

 最後に「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の感想について聞かれると、「日本の文化を発信しているアンテナショップのようで、ここを見ると東京2020大会への期待がますます高まりました」とコメント。

 また、以前よりパラリンピックへの関心が高く、平昌2018冬季パラリンピック日本代表選手団結団式・壮行会にも出席。「『あの時のドラマ作ったのは〇〇選手だったよね!』と話せるストーリーがいっぱいこの場所で生まれたらいいなと思っています。僕の人生の中でも宝物になると思うし、東京2020大会へ勢いにもつながっていくと思っています」と、日本代表選手団へ応援メッセージを贈った。

TETSUYAコメント

――「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象はいかがですか。

 日本の文化を発信しているアンテナショップのようで、ここを見ると東京 2020 大会への期待がますます高まりました。海外や知らない土地に来た時に、こういうハウスがあるとホッとします。特に日本が持っている技術は高く、「誰でも参加できる」、「誰でも楽しめる」THE TOKYO TRAVELLERS は素晴らしくて、様々なものを作り出す技術に長けているんだなと思いました。

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪れたEXILE TETSUYA

――東京が世界中から注目されていることについて、どのように感じられていますか。

 世界から注目されていることはとても嬉しく、また気合いも入ります。僕らがライブに向かう直前のような、そんな感覚です。東京 2020 大会は自分が住んでいる街でおこなわれるので、自分たちがどこまで参加できるか、どこまで協力できるかなと考えます。ボランティア以外でもやれることがありますし、個人個人としても大小に関わらず、参加できることをそれぞれが考えていかなきゃいけない時期に 差し掛かっている気がしています。大会を盛り上げるために自分にできることで参加してみようよ!とみんなに呼びかけていきたいと思います。

――パラリンピック日本代表選手団へのメッセージをお願いします。

 平昌 2018 冬季パラリンピックは、初めて大会を観に来た場所で、僕の中では「僕が初めてパラリンピックを観たのは平昌で」と、一生言い続ける場所になると思います。「あの時のドラマ作ったのは〇〇選手だったよね!」と話せるストーリーがいっぱいこの場所で生まれたらいいなと思っています。僕の人生の中でも宝物になると思うし、東京2020大会へ勢いにもつながっていくと思っています。