卒業シングルのセンターを辞退したことが明らかになった乃木坂46生駒里奈が13日、自身のブログを更新。ファンから「なぜセンターをやらないのか」という声が多数寄せられていることを明かしたうえで、自身の想いを綴った。

 乃木坂46にとって20枚目のシングルで、同グループから卒業する生駒にとっては最後のシングルとなる。先日、そのシングルのセンターを辞退したことが明らかになったが、この日、自身のブログで「今回、生駒ちゃん卒業するのに何でセンターやらないの?」との声を多数寄せられていることを報告。

 そうした声に「素直にそう思って頂けているのが嬉しかったです」としながらも「ですが、私は乃木坂46のデビューシングルのセンターと言う物を経験したので、センターにまたってゆう気持ちはありましたが、卒業する時にはやらなくてもいいって気持ちもありました」と伝えた。

 一方で「今までの様々なアイドルさんが卒業の際、シングルやソロ曲含め送り出して貰っています、もちろん、乃木坂を卒業していったメンバーも。中には今までの卒業メンバーやこれからいつか卒業するメンバーがどう思うの? と言う意見を持ったファンの皆さん 正解ですよねその気持ち。私だってそれは考えています。ですが、私は、こういう卒業のやり方があってもいいんじゃないかなと。一つのパターンに絞られずに、自分らしいグループからの卒業をしてもいいんじゃないかって思ったんです」と綴り、辞退の理由を明かした。

 センター辞退で落胆するファンに謝罪の気持ちを伝えたうえで「安心して楽しんで待っていてください。ポジションだけで語りはしませんからね。今までの乃木坂46に感謝を伝えて未来の乃木坂46に起爆剤を与えられる様な事をしたいと考えています。もうしばらく、情報解禁になるのをお待ちくださいね」と綴った。