シンガーソングライターの川嶋あいが、6月27日に、デビュー15周年を記念したベストアルバム『川嶋あい 15th Anniversary BEST』を発売することが決定した。ベストアルバムは、2008年に発売した「SINGLE BEST」「COUPLING BEST」以来10年ぶりとなる。

 2003年デビュー当時から15年分の楽曲が収録されており、1枚で川嶋あい15年の軌跡を感じることができる作品となっている。

 今回のベストアルバム用に一部新たにレコーディング=写真=を実施。既にそのレコーディングも終えており、デビュー当時“天使の歌声”と称され魅了した歌声は、15年経った今、より洗練され魅力的な歌声となってスタジオ中に響いていた。

 15周年記念のベストアルバムということもあり、レコーディングに入る前は真剣な表情で、歌詞を見つめ頭の中でイメージを膨らませている様子だったが、レコーディング終了後はスタッフらと「一番誰が字を書くのが上手か」を競い合うようなアットホームな一幕も。レコーディングは終始良い雰囲気でおこなわれた。

 川嶋あいは「15年間の歩みの中で生み出してきた、子供のような可愛く愛しい作品た…。それは同時に、応援してくださるファンの方々に愛してくださった曲たちでもあります。10代の頃から書いてきた詩とメロディー、そこにのせてきた歌声も合わせて、1人でも多くの方に、紡いできた音と物語に触れていただき、楽しんでいただけたら幸せです。そして、15年という月日の中で、私の活動と作品づくりをサポートしてくださった全ての皆様に、心から感謝の想いを伝えたいです。これからも尊敬する音楽を、自分のできる限りのことで力いっぱい表現して伝えていけたらと思っています」とコメントしている。

 なお、13日午後7時半放送のNHK『うたコン』にも出演が決定している。

記事タグ