CHEMISTRYの川畑 要が、出身地でもある東京・葛飾で、自身初の主催音楽イベント『川畑要 presents 下町SOUL2018』を開催することが9日、発表された。

 3月7日にCHEMISTRYとしてデビュー17周年を迎え、ソロとしてもデビュー5周年を迎えている川畑が、今回旗揚げするイベント『下町SOUL』は、川畑が生まれ育った東京・葛飾で音楽イベントをおこないたいという思いが込められている。

 かつしか観光大使でもある川畑は「自分が生まれ育った地元、下町には才能に溢れた人間がもっと溢れているんじゃないかとずっと思ってるんです! このイベントで沢山の人達に夢を持ってもらえたら嬉しいなと思っています」と、葛飾出身のアーティストとして一肌脱ぐ思いだ。

 先日、CHEMISTRYとして約5年半ぶりに開催した全国ツアーのファイナルを終え、6月20日には36枚目のシングル「Heaven Only Knows/13ヶ月」のリリースも決定し、俳優としても出演している鈴木おさむ初監督映画『ラブ×ドック』の全国公開を5月11日に控えており、CHEMISTRYとしてもソロとしても川畑から目が離せない一年になりそうだ。

 なお、川畑のオフィシャルファンクラブ「かなめ屋」では「下町SOUL2018」のチケットを3月10日午後4時から会員を対象に先行予約を受け付けている。

イベント情報

川畑要 presents 下町SOUL2018

川畑要 presents 下町SOUL2018
出演:川畑 要(CHEMISTRY) and more!!
日時:2018年7月7日(土)
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
開場/開演:OPEN 16:45 / START 17:30
チケット 
かなめ屋限定席 9,800円 (税込)
※お土産付き・川畑要ファンクラブ『かなめ屋』のみで販売
指定席 7,300円 (税込)
(問)H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp
主催・企画・制作:ソニー・ミュージックアーティスツ
運営協力:H.I.P.