香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が4日、東京・駒沢オリンピック公園の陸上競技場でおこなわれた『パラ駅伝 in TOKYO 2018』にパラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターとして登場。タイヤがパンクするというアクシデントに見舞われた車いす走者のラストランナーとともに最後のトラックを並走し応援。さらに、新しい地図としての新曲「雨あがりのステップ」を初披露した。

 『パラ駅伝 in TOKYO 2018』は障害者と健常者が1区間(約2.563km)、8区間(約20.504km)をタスキでつなぐ新しい駅伝。2015年11月に第1回大会が同競技場でおこなわれ、今年で3回目。今年は合計17チームが参加した。

 最後の第8区ではアンカーの車いすのタイヤがレース途中でパンクするというアクシデントが起こったが、最後まで走りぬいたアンカーとトラック内をゴールまで3人が並走する姿に会場からも温かい拍手と声援が送られた。

 また、同大会の最後には3人が新しい地図として歌う新曲「雨あがりのステップ」を初披露。同曲は19日からiTunes Store限定で配信され、その売上金のすべてが寄付され日本財団パラリンピックサポートセンターを通じてパラスポーツの支援にあてられる。

 香取は青空の下での歌唱に「久しぶりに大勢の人の前で歌えて気持ちよかったです」と笑顔を見せた。【取材・撮影=松尾模糊】