27日朝放送のNHK Eテレ『コレナンデ商会』で、SMAPの楽曲「世界に一つだけの花」が流れて、一部のファンの間で話題になっている。

 瓶に一輪の花が飾られ、それをもとに川平慈英演じるジェイらが、SMAPの名曲「世界に一つだけの花」を歌い上げた。

 思いもよらぬ展開に、ネットでは放送直後に「『世界に一つだけの花』が流れた。いい朝だわ」「Eテレ『コレナンデ商会』でひと花 あーびっくりした」「ものすごく久しぶりな気がする。嬉しい」「朝からSMAP気分。5人に会いたいわぁ」と声が寄せられている。

 SMAP解散から約1年。解散騒動のなかで“花摘み”と呼ばれる購買運動が起きた「世界に一つだけの花」は時折、こうしてテレビで流れることもあり、いまもファンの心に花を咲かせているようだ。

記事タグ