板野友美「Wanderer」(講談社)。板野お気に入りのカット

 歌手で女優の板野友美が24日、都内で、写真集『Wanderer』(19日発売、講談社)の出版記念お渡し握手会を開催した。

 10枚目シングル「Just as I am」と同シングルのMVとの連動企画。撮影は米ロサンゼルスでおこなわれ、カメラマンは前作『Rerease』と同じND CHOW氏。「自分らしさ」を共通コンセプトに掲げて作成に挑んだ本作は、一人旅を意識して臨んだという。

 【詳報】板野友美「色んな私に出会えた」自然体で撮ったありのままの魅力

 撮られている感覚はなかったという板野。「疲れたからしゃがむじゃないですか。その時に撮ったものとか、本当に一人旅をしているような感じだった」と回想。更に「自分の知らない一面が出せた写真集だと思います。自分としては恥ずかしいものもあった」と語った。

板野友美

 その写真集では、下着姿も初披露。「お部屋で着替えたりするじゃないですか。そういう自然な感じでセクシーなところも出そうかなと。大人の女性になった私も観てもらえたらいいなという気持ちで。彼氏になった気持ちで一緒に泊ったとしたら…みたいな形で見て頂けると思います」とアピールした。

 板野の周囲からも評価は上々で「プライベートを知っている友達からはプライベートがそのまま出ているねと言われました。今回の楽曲も好きと言ってもらえた」と笑み。

 その楽曲「Just as I am」はバラードナンバー。撮影最終日にはかけながら挑んで思わず涙。「1週間の一人旅も終わりだと思ったら自然と涙が出てきて。撮影が終わった達成感と、いろんな自分に出会えたなと」と振り返った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)