AKB48のチーム8岡部麟(21)が21日、東京・渋谷CBGKシブゲキ!!でゲストヒロインとして出演する、コントユニット「大人のカフェ」の第11回単独公演のオムニバスコント『3歩進んで2歩シャガール』の公開ゲネプロをおこなった。岡部は幅広い設定で色んな衣装とともに様々な顔を見せ、アイドルとは違った魅力を放っていた。岡部は「頑張ります」と、同日から開催される舞台に向け意気込んだ。

 大人のカフェは芸人養成所の同期だった、飯野智司、加賀成一、伊達さんの3人で結成したコントユニット。『3歩進んで2歩シャガール』は、彼らが2013年から年2回おこなってきた単独ライブで今回で11回目を迎える。

 単独ライブではゲストヒロインを迎えており、昨年おこなわれた第10回公演『カフェに向かって撃て!』では元AKB48の木崎ゆりあをゲストに迎え、6日間の公演で1700人を超える来場者を記録した。

公開ゲネプロの模様

 大人のカフェで働く3人の人間と、そこへ訪れた岡部演じるヒロインと関わる様々な人間模様を、舞台や設定を巧みに変えつつも繋げているオムニバスコント。今回は国際的組織や裁判所、そして民族同好会と幅広い設定でテンポの良い掛け合いを繰り広げていた。

 設定が変わるたびに岡部もドレスやスーツ姿へと衣装を変えながら、様々な顔を見せ、アイドルとはまた違った魅力を放っていたのも印象的だった。3人との掛け合いもしっかりと息の合ったもので、ゲネプロの後半で少し台詞を噛んでいたメンバーにツッコむなどすっかり“劇員”として馴染んでいる様子。

 コントの途中には、あらかじめ収録された映像も流されており、ここでのカメラワークも見どころ。岡部は、ゲネプロを終えて最後に「頑張ります」と意気込んだ。なお、本公演は21日から25日まで5日間に渡りおこなわれる。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ