元乃木坂46の深川麻衣と、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎が出演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』が17日、公開初日を迎え、都内で舞台あいさつに臨んだ。この日は、とも登壇した今泉力哉監督の手紙が読み上げられ、その内容に、深川が感動のあまり涙ぐむ場面もあった。

涙を流す深川麻衣

 『パンとバスと2度目のハツコイ』は、結婚に踏ん切りをつけることの出来ないが女性が、初恋相手と偶然にも再会したことで巻き起こる恋愛模様を描いたストーリー。パン屋に勤める“恋愛こじらせ女子”のヒロイン、市井ふみ役を深川、ふみの初恋相手で、バスの運転手・湯浅たもつ役を山下が務めた。また、今回映画の主題歌「Puzzle」を、Leolaが楽曲提供、歌唱している。

 本作について深川は「初めて映画に参加させていただきましたが、“初”というのは一生で一回のことだと思うし、自分の中で転機ってたくさんあると思うけど、この映画は、何年後に自分を振り返ったとき、に自分のターニングポイントと感じると思う」と改めて作品への感慨深い思いを語った。

 また山下も「役もそうだけど、恋愛観や結婚観、今の時代いろんな形の恋愛があるのを改めて知ったのと、自分としていろんな役をやってきたけど、この映画で新しい役にチャレンジしさせていただいて、難しい部分もあったけど、この役を通して少し自信が付いたなと思う」と、作品の面白さを改めて実感するとともに、有意義な映画出演であったことを振り返った。

山下健二郎

 またこの日は、スタッフを代表し今泉監督が、深川にしたためた手紙が披露された。その文面では、初出演、初主演というプレッシャーにもめげずに、現場で奮闘した深川の頑張りに、本当に助けられたという思いを、かつて深川が舞台挨拶でみんなを支える大きな背中になりたいと語った言葉に対して「パンバスチームにとって、深川さんはすでに大きな背中です。今日まで本当にお疲れ様でした『パンバス』の主役が深川さんでよかった」という感謝の言葉で表した。

 そして「これからも女優として、魅力的な人として、変わらず生まれ変わって、さらに私たちを驚かせてください、そのときにまたご一緒できますように。そしてこの作品に出会えて感謝します」と深川が乃木坂46を卒業する際に語った言葉を引用して締めくくられた。

 その手紙に深川は監督の方を見ながらも、しばらく言葉を失う。そして「自分のせいでこの作品を壊してしまったら、どうしようと思っていたので、今泉監督や山下さん、その他のスタッフの方にも助けていただき、私こそこの作品に参加させていただいて光栄です」と涙ぐみながら感謝の言葉を言葉にしていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ