THE ALFEEが、SF映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日公開)で日本語吹替え版の声優に挑戦する。坂崎幸之助は「こういうチャンスはなかなかあるもんじゃない」と声優への意気込みを語った。

 映画は、『レオン』、『フィフス・エレメント』など、数々の名作を世に送り出してきた巨匠リュック・ベッソン監督によるSF映画の新作。THE ALFEEが声優を務めたのは、情報屋トリオのエイリアンドーガン=ダギーズだ。

 そのキャラクターは、超巨大宇宙ステーション“アルファ”に住む、ハトのような見た目をしている“ぶさ可愛い”3匹。実は5000もの言語を駆使できる頭脳の持ち主で、物語のカギを握るキーマン。金にがめつく、宇宙の危機も商売のチャンスにしようと、ヒロインのローレリーヌに取引を持ち掛ける。そんなしたたかさと愛嬌を持ち合わせた、なぜか憎めないキャラクター。

THE ALFEEと、下は声を演じたキャラクター

 彼らは、1匹目が話し始めると2匹目がそれを引き継ぎ、3匹目が締めくくるという話し方をする。それは、3匹で一つの情報を分割して持っているため、1匹でも欠けてしまうと情報が不完全なものになってしまうからだという。

 そんな、三位一体ともいえるドーガン=ダギーズに負けず劣らず、これまで3人の絆で音楽業界の最前線を走ってきたTHE ALFEEは、今年結成45周年にして、3人では初となる声優に挑戦した。

 今回オファーを受けた理由について坂崎幸之助は「こういうチャンスはなかなかあるもんじゃない。しかも人間の役じゃないもんね。俳優さんはイメージがあるから難しいけど、うちらは関係ないからこういうキャラが出来るんです(笑)」とコメント。

 役作りについて桜井賢は「役作りしようがない。これは現場でプロに教えてもらおうと。3人の掛け合いはコンサートと一緒だからね」と語り、坂崎も「今年はグループ名を、ドーガン=ダギーズにしようか」と提案していた。

 プライベートでもよく映画を観るという高見沢俊彦は、本作の感想について「この手の映画が好きなんですが、今までに観たことがないようなSF映画。映像が美しい! それと冒頭で流れるある音楽にやられたので、ぜひご注目ください」と作品の映像美を大絶賛しつつ、作品への期待を高めていた。

 また、本作の見どころについて、坂崎は「映像もきれいで、内容も愛にあふれているので、楽しんでください」、桜井は「もう数回観ているんですけど、大きなスクリーンで観たいと思っていました。ぜひ楽しんでください」、高見沢は「僕らドーガン=ダギーズの出演シーンはあんまり美しくないですけど、映像がとにかく美しい(笑)。スクリーンで楽しんでください」と、しっかりアピールしていた。

記事タグ