昨年、歌手活動35周年を迎えた女優で歌手の薬師丸ひろ子が、20年ぶりにオリジナルアルバムを5月9日にリリースする。

 「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「Woman “Wの悲劇”より」など日本の歌謡史に残る数々の名曲を残してきた薬師丸ひろ子が、1998年リリースの『-恋文- LOVE LETTER』以来、実に20年ぶりとなるオリジナルアルバムをリリース。

 昨年、井上陽水との再タッグ時に「誠実な歌声」と評された、そんな変わらぬ透明感のある凛とした歌声の存在感が健在。女優として、女性として、より熟成された薬師丸ひろ子の現在の魅力があますことなく表現される。

 これからの薬師丸ひろ子の歴史を作る数々の新たなオリジナル曲が収められる、まさに“大人が聴く、大人のための新たなPOPS”アルバムといえる。

 商品概要は、CDのみの通常盤に加え、LPジャケット仕様の初回限定プレミアム盤もリリース。プレミアム盤の限定特典としてLPサイズのジャケットに加え、通常のCDと全曲のインストが入ったCDの計2枚組、高音質のSHM-CD(エスエイチエムシーディー)仕様、LPサイズのフォトブックレットやポスターが封入される豪華仕様となっている。