女優の綾瀬はるかと俳優の坂口健太郎らが10日、都内で、映画『今夜、ロマンス劇場で』(10日公開)の初日舞台挨拶に登壇した。この日は本田翼、北村一輝、中尾明慶、石橋杏奈、武内英樹監督も出席。バレンタインデーが近いことから女性出演者から男性出演者へチョコケーキを食べさせるプレゼント。大喜びの坂口と中尾に対して、北村は「そんな歳じゃないから」と大照れの様子だった。

 映画は、綾瀬はるか演じるスクリーンの中のお姫様・美雪と、美雪に恋をした、坂口健太郎演じる映画監督の“卵”健司との恋物語。モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。2人は次第に惹かれ合っていくが、美雪は人のぬくもりに触れたら消えてしまう。好きだから触れたい、しかし触れられない。そんな葛藤と淡い恋の行方を描いた。

綾瀬

 バレンタインデーが近いことから、この日はバレンタインデートをイメージした衣装で登場した出演陣。しかし、北村だけは劇中で演じた、映画会社の看板スターの役柄に扮した格好。ハットに手を置き、スターの目線を会場に送る。その姿に綾瀬は「ナイスガイ! 本日はハンサムガイで宜しくお願いします」と絶賛した。

 作品にちなんで、MCから「実現してほしい夢は?」と問われると、綾瀬は「オリンピックも開催中ですし、世界平和! 皆さんが笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中になってほしいです」といきなり壮大な夢。坂口は「その言葉のあとは言いづらい」としながらも「この作品の大ヒットです!」と述べた。一方の本田は「空飛ぶ絨毯」。北村は「ただただ、あの頃にもどりたい。スターになって色々なものを失ったので」とスターの役が抜けない様子。

 中尾は妻である仲里依紗の名を挙げ、「街を歩くと最近写真を頼まれる。妻と写真を撮ってくださいと、僕が写真を撮るんですが、そのあと僕と一緒に取ると思ったら去っていくんです。これは精神的につらい(笑)」と嘆き、「いつか僕だけ撮られて仲里依紗はスルーされるということ。街で芸能人夫婦がいたら2人とってくださいね、削除はできるので!」と格差をないた。

 また、石橋は「どこでもドアが欲しい」とし、、武内監督は「映画を作っているときが幸せなので“ハンサムガイ”のシリーズ化。『エーゲ海のハンサムガイ』で北村さんとギリシャに行きたい」と、北村との映画製作を熱望した。

大照れの北村と、笑顔の本田

 また、この日は出演者がデコレーションをしたケーキが登場。綾瀬は「イチゴがたっぷりなのでおいしそうですね」としながらも「もう少し足したい」とも。更に、午前中におこなわれた横浜のイベントでは、坂口から薔薇の花束を受け取っていた綾瀬がそのお礼とばかりに、坂口にケーキを食べさせてあげることにになった。

 坂口は嬉しそうに「いいんですか、なんだかすみません。ありがとうございます!」と大きな口をあけ、「自分で食べるより美味しく感じます!」と綾瀬にデレデレの様子を見せた。その姿に中尾がうらやましがり、石橋から中尾へ、本田から北村へケーキを食べさせてあげることになった。大喜びの中尾とは対照的に、北村は「そんなことをやる歳じゃないから…」と動揺を隠せず、汗をぬぐいながら照れまくるハンサムガイ。会場からは爆笑が起きていた。

 最後にこれから映画を観る観客に向けて、坂口は「この作品は去年の5月ぐらいから撮り始めて、スタッフ、キャスト、監督全員で作ったすごく大切な作品です。健司は映画の中の美雪に恋をしていて、皆さんもこの映画を通じてこの2人の姿に恋をしていただけたらと思います。作品は僕らの手を離れ、皆さんのものです。これから皆さんによって作品が成長していくと思います」と語った。

 一方の綾瀬は「“触ると消えてしまう”というお話でしたが、それでも2人は乗り越えようとする姿に心が温かくなって頂いたかと思います。当たり前だけど、当たり前じゃないこと。そういった日々の小さなことに感謝して大きな幸せをつかんでいきましょう!」と掛け声のような語り口。そんな調子に坂口は静かに「オー!」の仕草を見せて答えていた。

記事タグ