男装パフォーマンスユニットのViperaが2月7日に、メジャー第1弾シングル「俺またやっちまった」をリリース。ミニアルバム『Vipera』に続き、楽曲を手がけたのは「シーモネーター」としての名でも知られるSEAMO。表題曲では大人のエロスを刺激的な言葉満載で表現。すでにライブでは披露されており、ファンからの反応も上々だと言う。男の欲望をストレートに表現した今作について、メンバーの気持ちを赤裸々に語ってもらった。【取材=長澤智典/撮影=片山 拓】

ぶっ飛んだ曲を書いてもらった

――表題曲の「俺またやっちまった」、カップリング曲「Honey Valley~この世のすべては、そのオッパイ~」ともに、きわどい内容の歌詞ですね。あえて狙ったことなのでしょうか?

優弥

優弥 狙ったというか、「今回は、ぶっ飛んだ曲をシングルにしよう」とは思っていましたけど、思っていた以上にぶっ飛んだ曲をSEAMOさんに書いていただきましたからね。

 今回のシングルリリースが決まったとき、「われわれ自身でもびっくりするような曲を歌いたいなぁ」という話を、メンバーやスタッフさんを交えておこないました。その打ち合わせの中で「誰に楽曲を頼めばそれが出来るのか」という話を重ね、出てきたのが「振り切った曲を書けるSEAMOさんはどうだろう?」というアイデアでした。

 Viperaとしては、「断られて当たり前」というダメもとな気持ちでお願いをしたところ、SEAMOさんが引き受けてくださり、こんなにも素晴らしい楽曲を書いて下さいました。

――そこは、真面目な面も魅力なSEAMOさんではなく、下ネタ全開で楽曲をぶつけてゆくシーモネーターさんに頼もうという意識もあったのでしょうか。

優弥 気持ちのなかにはありました。SEAMOさんにお願いはしましたけど、せっかく振り切った楽曲をお願いする以上、シーモネーターさんとしての色を見せてくれるぶっ飛んだ楽曲と言いますか、みんながあまり耳にしたことのない楽曲をと思っていたところ、期待以上の歌を出してくださいました。

――メンバー自身、SEAMOさんから上がってきた楽曲を聴いたとき、どんな気持ちでしたか。

春月 「えっ!?」と驚きましたよ。でも、普段からリーダー(優弥)が口にしてる言葉っていうのかな。優弥自身が胸が好きな人で、「優弥のソロ曲が来た」みたいな気持ちでもありましたね。

――今回は、胸どころか、もっと凄いところまで突っ込んでいますよね。

優弥 そうですよねぇ…胸だけじゃなくて、いろんな部位まで(笑)。我々だけでは出せなかった面をSEAMOさんの発想で描き出してもらえて、これまで以上にぶっ飛んだ楽曲になりました。

――ミュージシャンであれば、こういう行動は有りがちなのでしょうか?

優弥 そうなんてすか?

麟太郎 そこは、僕たちではわからないことですが…。

優弥 最初に楽曲をいただいた時点で、SEAMOさんからは「NGだけらでしょ」「これは本当に大丈夫なのか?」みたいなメッセージを頂いていたんですけど、Viperaはそのまま使わせていただきました(笑)。

記事タグ