乃木坂46の生駒里奈(22)が次回リリースされる20枚目シングルをもって卒業することを、31日、公式サイトで発表された。卒業時期については改めて報告される。また、これに伴い生駒が公式ブログでコメント。卒業を決意するに至った経緯を説明した。

 生駒はブログで卒業を改めて報告。卒業を決意するに至った経緯を「今年、同学年の方は新社会人として新たな挑戦をする年」とし、きっかけは20歳だったと次のように説明した。

 「20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。ここだけじゃ足りないと思う様になりました。どこかまたチャレンジ出来るタイミングはと考えた時、ここだと自然と考える様になり今日発表させて頂きました」

 生駒が20歳を迎えたその年は乃木坂46はNHK紅白歌合戦に初出場している。初期メンバーとして長らくグループをけん引してきた。今回、日刊スポーツが第一報を伝え、ネットでは卒業を驚くとともに「まだ早い」という事も散見された。それを見越してか、生駒は次の通りに綴り、理解を求めた。

 「早いよとか、まだ乃木坂でやる事沢山あるんじゃない?とか卒業を考えた時、家族や親友、芸能界の先輩方に沢山のアドバイス頂きました。確かに、まだ乃木坂46でやる事はあると思います、ですが、今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです。乃木坂で経験した事は、私の盾となりずっと守ってくれる事でしょう。それだけ私には勿体無いくらいの事を教えてくれました。だから、自信を持って次に行きたい。どうか、私の背中を押して下さいませんか?」

 卒業時期についてはまだ発表されておらず、生駒自身も「スタッフさんと話し合って決めて行きたいと思います」としている。乃木坂46の礎を築いた生駒の卒業は、乃木坂46にとってどのような影響を与えるのか。生駒は「最強」という言葉を使い、グループの今後に全幅の信頼を寄せている。