女優の綾瀬はるかと俳優の坂口健太郎が29日、東京スカイツリータウンで「『今夜、ロマンス劇場で』東京スカイツリーバレンタイン特別ライティング点灯式」に登場。出演する映画『今夜、ロマンス劇場で』の2月10日の公開を記念したコラボレーション企画でスカイツリーを七色に点灯させ、東京の冬の寒空を彩った。バレンタインの季節に公開される本作。バレンタインの思い出について、綾瀬は「友達と一緒にチョコレートを作って交換していた」と明かした。

 点灯式は、スカイツリーのバレンタイン特別ライティングで、2人が出演する『今夜、ロマンス劇場で』の公開を記念し2人が参加。

 『今夜、ロマンス劇場で』は、『のだめカンタービレ』などで知られる武内英樹監督が手掛けたラブストーリー。映画監督を夢見る青年、坂口演じる健司がモノクロ映画スクリーン中の綾瀬演じる、美雪に恋心を抱く。その美雪がある日スクリーンから飛び出し、健司の目の前に現れる。健司はモノクロの世界しか知らない美雪をカラフルな現実世界を案内し、次第に互いに心惹かれていく。

 綾瀬は「ロマンチックなひと時になると思います」と挨拶。この日はバレンタインらしい服装で登場した2人。綾瀬は白いコート姿で冬のイメージを演出。坂口は黒いコートでチェックのマフラーを差し色に登場。

 この日初めてスカイツリーを訪れたという綾瀬。「高いですね~、やっぱり。こういう高い建物を建てられる技術は本当に凄いなと」感心した様子を見せた。坂口は「ソラマチでご飯食べたりはしますね」と何度か訪れているという。

 今作の印象的なシーンについて、綾瀬は「健司が川に落ちるシーン。面白いですね」と言い、坂口は「落ちてる方は大変なんですけどね(笑)」と苦笑いで応じた。

 また坂口は、綾瀬の出演する印象的なシーンについて「崖のシーンがあって、綾瀬さんがスタンドインする時にちょうど日が落ちる時間帯で美しかったですね」と撮影を振り返った。

坂口健太郎と綾瀬はるか

 モノクロ映画の登場人物を演じた綾瀬は「レトロな素敵な衣装が多くて、ヘアスタイルなども色々楽しめたので女子としては嬉しかったです」と語った。

 公開日はバレンタインの季節。綾瀬はバレンタインの思い出について「友達と一緒にチョコレートを作って、友達同士で交換するといったことをやっていました」と話す。

 一方の坂口は「僕は、貰うじゃないですか。お返しをちゃんとしないといけないと言われていたのですが、その頃、僕まだ小学生低学年くらいでお返し買って行くんですけど、恥ずかしくて渡せずに帰り道でそのお菓子を食べたことを記憶しています」と甘酸っぱい思い出を明かした。

 そんな坂口のエピソードに、会場に集まった観客からは「かわいい~!」という黄色い歓声が上がった。

 バレンタインにプレゼントしたい物については「健司が被っていたようなキャスケットをあげたい」という綾瀬と、「マフラーですかね」という坂口。それぞれのはにかむ姿に再び会場から歓声が上がっていた。

 イベントの最後に、2人が同時に点灯ボタンを押し、スカイツリーの点灯がおこなわれた。スカイツリーは、映画中でダブルレインボー、二重の虹を見ると願いが叶うというシーンがあることから虹色に染まった。

 綾瀬は「ロマンチックな…気がします」とコメント。坂口は「普段、イルミネーションなどは見ないのですが、間近で見ると美しいですね」とうっとりとした様子を見せた。

 最後に映画について、坂口は「もうすぐ公開になりますが、出演者、スタッフで大切な作品ができました」と言い、綾瀬は「ロマンチックなひと時を過ごせるので、ぜひ劇場でご覧ください」と呼びかけた。【取材/撮影=松尾模糊】

記事タグ