AIが24日、大田区総合体育館でおこなわれた韓国・平昌で開催される『第23回オリンピック冬季競技大会』(2月9日~25日)の「日本代表選手壮行会」に出席。ライブパフォーマンスを披露し、日本代表選手団にエールを送った。また、安倍晋三内閣総理大臣から選手団に向けてビデオメッセージが送られた。AIは「スポーツは世界を平和にすると思う。悔いのないように、思い切ってオリンピックを楽しんで下さい」と選手団に向けて呼びかけた。

 壮行会では、応援団長として元男子プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造、応援サポーターとしてタレントの小島瑠璃子が出席。フリーアナウンサーの平井理央がMCを務め、ゲストとして元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏が登場した。

 選手団が入場し、壮行会に集った約4000人の来場者から歓声と拍手が送られた。君が代の斉唱を終えると、安倍首相からのビデオメッセージがメインスクリーンに映し出され、選手団に向けて「世界のライバルを相手に自身の力を出し切り、最高のパフォーマンスを見せて下さい。皆さんの活躍は2020年東京大会の大きな弾みとなります。頑張れ、ニッポン! 皆さんを心から応援しております」と声援を送った。

 また、大田区立蒲田小学校の子どもたちによる激励メッセージと、AIの曲に乗せて、キッズダンサーパフォーマンスが選手団に届けられた。パフォーマンスが終わると、応援アーティストとしてAIが登場し「キラキラ」を歌唱。

 そして、選手団をステージに呼び込み選手団とともに「ハピネス」を披露。選手たちにマイクを向けながら、楽し気に歌い、一体感を演出した。

選手団にマイクを向けるAI

 男子スピードスケートの加藤条治選手は「めちゃくちゃ楽しかったです! ありがとうございました」とコメント。「勇気をもらえたので、お返しできるように頑張りたい」と意気込んだ。女子スピードスケートの高木美帆選手は「本当に心から感動して、今も震えています」と語り、AIは「嬉し過ぎます」と笑顔を見せた。

 また、応援団長の松岡は「選手の心に残って、それが平昌に繋がって行くと思います」とコメント。応援サポーターの小島は「AIさんの歌声って凄いですね。ギュッと気持ちがまとまりました」と感動した様子。

 AIは「皆さんを見る度に感動するし、勇気をもらえるんです。スポーツは世界を平和にすると思います。皆さん、悔いのないように思い切ってオリンピックを楽しんで下さい」と選手団に向けてメッセージを送った。

 壮行会の最後には、選手団から決意表明が述べられた。斎藤泰雄選手団長は「4000名の方々にお集まり頂き、ありがとうございます。私たちは今日の声援を力に変え、オリンピックでの活躍を通して国民の皆様に勇気と感動を届けたいと思っております。引き続き応援よろしくお願い致します」と感謝の気持ちを述べた。

 女子スピードスケートの小平奈緒主将は「皆さまからのエールを力に変えて、最高のパフォーマンスをできるよう全力を尽くしたいと思います」と意気込んだ。

 これを受け、松岡は「スポーツなので、勝ったり負けたりします。僕からの願いはベストを尽くして欲しい。出し尽くして欲しい」と熱いメッセージを送った。小島も「まずは、自分の為に戦って下さい。その姿に私たちは力と勇気をもらいます。日本から応援しています」とエールを送った。(取材・撮影=松尾模糊)

記事タグ