小室哲哉の引退表明を受けて、浜崎あゆみは20日、ツイッターで思いを綴った。

 浜崎はこの日、「心の整理はまるでつかないままですが、必ずや歌い継いでいかせて頂きます」と綴るとともに「#TK #KEIKO #globe #Legend」というハッシュタグと、小室哲哉が作曲し、KEIKOとデュエットした楽曲「a song is born」の動画を載せた。

 同曲は、2001年9月11日に米国で発生したアメリカ同時多発テロ事件を受けて立ち上げた、チャリティープロジェクトの楽曲として、浜崎が作詞し、小室が作曲したもの。浜崎あゆみとKEIKO(globe)のデュエットによるシングルとして同年12月12日に発売。オリコン週間ランキング1位を獲得した。

 このツイートはネット上で話題になり、「いいね」の数は1万8千件を、同動画の再生数は30万回をそれぞれ超えた。ファンなどによるメッセージも多く寄せられており、「私も整理がつかない」「やっぱり悲しい」「小室さんの引退はこんな感じじゃない方が絶対に良い」「日本の損失だよ、TK引退させたマスゴミに腹立たしい」といった声がみられる。

 小室の引退表明については、週刊文春が看護師の女性と密会・宿泊したとして不倫疑惑を報道。小室は会見を開き、男女の関係を否定するも、騒動の責任を取る形で自主的な音楽活動の引退を表明。

 また、今回の引退を受けて、ミュージシャンや有識者などを中心に不倫報道への批判的なコメントが寄せられている。