シンガーソングライターの佐野元春が16日、Zepp Tokyoで佐野元春 and The Hobo King Band名義のライブ・フィルム『THE BARN TOUR ’98-LIVE IN OSAKA』(2018 REMASTERED EDITION)のプレミア上映会をおこなった。イベントではメンバーによるトークショーもおこなわれ、佐野は「最高のジャム・バンドの軌跡を辿った」とバンド活動を振り返った。

 プレミア上映会は、『THE BARN』の発売(1997年12月)から20周年を記念して、16日Zepp Tokyoと17日大阪・Zepp Nambaでそれぞれ一夜限定でおこなわれた。
 1980年のデビュー以来、佐野の音楽活動を支えてきた“The Heartland”解散後、彼のロックミュージックに捉われない幅広い表現を追求すべく1995年に結成されたバンドが“The International Hobo King Band”。

 1996年発表のアルバム『フルーツ』と、それに伴う全国ツアーを経て、よりシンプルかつスリムな形で“佐野元春 and The Hobo King Band”が1997年に誕生した。そして、佐野元春 and The Hobo King Bandは米・ウッドストックのベアズヴィル・スタジオで『THE BARN』を制作。

 1998年1月から4月にかけて『THE BARN』を携えての全国ツアーを開催。最終公演、大阪フェスティバルホール公演の模様は、ゲストに、ジョン・サイモン、ザ・バンドのメンバーであるガース・ハドソンが参加。70年代米国の伝説的なポップ・ロックにリスペクトする内容となったことからも伝説のライブと語り継がれ、VHS/DVD『THE BARN TOUR ’98-LIVE IN OSAKA』はロングセラーを記録した。

佐野元春とThe Hobo King Bandメンバー(撮影=アライテツヤ)

 今回の上映は、リマスターが施された「2018 REMASTERED EDITION」として蘇り(アルバム収録曲「マナサス」初公開)、ダイナミックな音圧、ライヴ級の大音量、迫力の大画面で、20年前の追体験が実現した。

 20年ぶりに発見されたタイムカプセル的秘蔵映像、ドキュメンタリー・フィルム『THE WOODSTOCK DAYS』(約40分)も上映され、Zeppを埋め尽くした観客の拍手喝采が止まない光景となった。

 また、プレミア上映前には、佐野本人と、当時ベアズヴィル録音にも同行した音楽ライターの能地祐子氏が登壇しフリートークもおこなわれた。佐野はライブ・フィルムのテーマとなった通算7枚目のアルバム『THE BARN』の制作エピソードの話題になると、当時の想い出を回想しがらニヤリと微笑し、The Hobo King BandのKYON(Key etc.)、井上富雄(Ba)、西本明(Or etc.)の3人をステージに呼び込むサプライズを演出。

 実際には事前に何も説明を受けていない3人のほうもサプライズだったことをメンバーがステージで暴露。佐野をリーダーとする変わらないバンドの結束の固さを窺わせた。

 佐野は「僕らホーボーキングバンドは、アルバムを作ることがゴールではなくて、最高のライヴを奏でることを常に目指していたので、結果的に『THE BARN』を経たことで、最高のジャム・バンドの軌跡を辿ることになりました。音楽の古いとか新しいとかではなく、心から音楽を愛し、心から演奏することを楽しんだのがホーボーキングバンドです」と改めてバンド活動について振り返った。