音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、引退することを表明した。18日発売の『週刊文春』が不倫疑惑を報道。その騒動の責任を取り「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と語った。

 今回の表明はファンを中心に衝撃が走っている。SNSなどには驚きのコメントが相次ぎ「身内の問題で引退とは。才能あるから残念」「無実なら引退することもないだろうし」「これで満足か!」「小室哲哉氏は引退すべきではない」と不倫報道に批判的な声や引退への落胆の声が見られる。

 また、お笑いタレントのエハラマサヒロはツイッターで「小室哲哉さん引退て…税金で生活してるんじゃないし一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに…もう不倫報道ええやろ。誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!! 雑誌がまた一人の天才を殺しました」と報道姿勢を痛烈に批判した。

 今回の騒動を巡っては『週刊文春』が、小室哲哉が看護師の女性と密会、宿泊したとして不倫疑惑を報じた。デジタル版では同誌によるインタビュー内容も伝えられ、その内容から、宮根誠司フリーアナウンサーが18日放送の日本テレビ系の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』で引退を発表するのではないかと心配視していた。

記事タグ