SKE48が10日に、愛知・Zepp Nagoyaで22枚目のシングル「無意識の色」のリリース記念ミニライブをおこなった。公演は2回に渡りおこなわれ、1回目に新曲と1stシングルから10thシングルまでを披露。2回目に11thシングルから21thシングルと「無意識の色」を披露し、10周年イヤーの幕開けを華々しく飾った。須田亜香里は「みなさんに感謝の気持ちを込めて、10周年イヤーを駆け抜けて行きます」と決意を語った。

最高の声を聞かせてください!

SKE48

 1回目公演の幕があがり、選抜メンバー16人で新曲「無意識の色」を披露。続く「SKE48」で全メンバーステージに登場すると、松井珠理奈が「10年目のスタート! 最高の声を聞かせてください!」とファンに呼びかけ、会場から大歓声があがった。

 キャプテンの斉藤真木子が「本日22枚目のシングル『無意識の色』が発売になりました。短い時間ですが、みなさんと一緒にたくさんの思い出を作れたら、と思います」と挨拶し、1stシングル「強き者よ」から10thシングル「キスだって左利き」までの歴代シングル10曲を次々と披露した。

 ライブ終盤、須田亜香里が「何より意味があるのは今日ここで一緒に過ごせたことだと(ファンのみなさんに)思ってもらえたら嬉しいな〜って思います。こうやって今日、私たちの拠点である名古屋にこんなにたくさんの方に来ていただいて本当に嬉しく思います」と感謝の気持ちを語る。

 さらに「もう一度ナゴヤドームに立ちたい! とか、NHK紅白歌合戦に単独出場したい! とか、もしかして私たちには大きすぎる夢かもしれないです。でも、こうやって熱いコールを響かせてくれるみなさんがいる限り、諦める気もないし、日々一歩一歩進むことが出来ています。希望を与えてくださるみなさんに感謝の気持ちを込めて、10周年イヤーを駆け抜けて行きますので。これからも私たちについて来てください。よろしくお願いします!」と決意を述べ、全員で再び「無意識の色」をパフォーマンスして1回目の公演を終えた。

「無意識の色」デイリーチャート1位

会場の様子

 19時半、2回目公演も新曲「無意識の色」でスタート。11thシングル「チョコの奴隷」から21stシングル「意外にマンゴー」までのシングル10曲を披露。

 最後に、高柳明音が「無意識の色」がオリコンシングルデイリーチャート1位獲得の速報を発表すると、会場は大きな拍手に包まれた。

 高柳は「大盛り上がりの10周年にしたいですよね! 一生の思い出となる1日を過ごしたいと思いますので、みなさん楽しみにしていてください」と熱のあるコメントでリリースイベントを締めくくった。

記事タグ