シンガーソングライターの清水翔太が10日、新曲「Good Life」(24日発売)のミュージックビデオを公開した。MVの解禁に合わせて「Good Life」のダウンロード配信もスタート。MVでは清水のリアルな仲間も出演していて、現在の彼が等身大で映された作品となっている。

 清水は、2016年10月にリリースした「My Boo」がストリーミングサービス「AWA」で並みいる洋・邦楽曲を押さえて2017年の再生回数年間1位を獲得し、自身の楽曲がストリーミング配信総再生回数2億5000万回を超えるなど、若年層から大きな支持を得ている。

 デビュー10周年イヤーの集大成としてリリースされる「Good Life」は、清水が自身の経験をもとに人生観を表現した楽曲で、MVではいじめを受ける“孤独な少年のドラマ”と“東京”という新たなステージで仲間に囲まれる清水翔太を対比して描く。自分に自信を持てずに迷っている人の背中を押してくれる内容に仕上がっている。パーティーシーンでは今の清水のリアルな仲間が出演。

 シングルのカップリングには、米ラッパーのカニエ・ウェストの新作を妄想で作り上げた『印象III :なんとなく、パブロ(imaging“The Life of Pablo”)』で高い評価を得た、TOYOMUによるRemixを収録。初回盤の特典DVDには「Good Life」のMVが収録される。

 また、2月には、清水のソロイベント「SHOTA SHIMIZU 10th Anniversary Event for Family」の開催も決定し、2018年は年明けから精力的に動き出す。

「Good Life」MV/清水翔太

記事タグ