ロックバンドのandropが10日に、新曲「Joker」をリリースする。同曲は映画『伊藤くん A to E』(12日公開)の主題歌で、内澤崇仁(Vo、Gt)が柚木麻子氏の原作を読んだり、同タイトルのドラマを観たりして書き下ろしたという。また、同日2017年10月におこなった、初の野外ワンマン公演『androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』が映像作品としてもリリース。2017年は「SOS! feat. Creepy Nuts」で初のコラボ作品をリリースするなど、よりその音楽性を広げた。2019年には活動10周年を迎える彼らがその序章として作成した新曲への想いや、その長い活動で大事にしていること、そしてこれからの抱負など話を聞いた。(※インタビューは昨年実施)【取材=松尾模糊/撮影=片山 拓】

二面性を表現してきた

androp

――野音での公演を終えていかがですか。

内澤崇仁 初めての野外のワンマンということで、準備やリハーサル、セットリストなど相当準備を万全にしておこなったんですね。雨だけは想定外でしたが、それもいい形で反映されたというか…みんな観たこともない様なライブが出来たんじゃないかと思います。

佐藤拓也 野音の歴史の中でもやったことないような演出をやりたくてスタッフやメンバーと、これはできる、できないというのを何度も話し合って。ただ、当日のリハーサルは日中の明るい時にしかできないので、実際に暗くなったときに照明や映像が映るのかというのは実際にやるまで分からないので。ほぼ、ぶっつけ本番の状態で臨んで、想像通りにいったことも、想定外だったこともありました。

 雨でレーザーがキラキラ反射したり。だからこそ、その日しかできないライブができて。僕らも今回映像になって初めて客観的に観れたので、映像はみんなに観てもらいたいですね。

前田恭介 実際に野音のステージに立ってみたら、野音の持つ魔法というか、歴史みたいなものを感じることができました。自分たちだけではなくて、スタッフやお客さんにとっても思い入れのあるライブになったんじゃないかなと思います。

伊藤彬彦 カメラのレンズに雨が当たっていい感じに画が滲んでいたりして。雨でお客さんも大変だったと思うのですが、いいライブになったと思います。

――その野音公演で初披露された今回の新曲「Joker」ですが、『伊藤くん A to E』の主題歌として書き下ろすにあたって、何か核となるものはあったのでしょうか?

内澤崇仁 原作と脚本とドラマを拝見して、映画のスタッフ、プロデューサーの方々ともお話しさせてもらって作っていきました。容姿端麗な主人公の伊藤誠二郎くんが無自覚で周りの人間を傷つけるというところが、この作品に限ったことじゃないなと。自分の周りにも伊藤くんのような人はいるし、もしかしたら僕自身そんな側面があるんじゃないかと思いました。

 例えば、傷つけるつもりはなくても迂闊に口に出した言葉が相手を傷つけたりすることはよくあって。それは多くの人々に共通する部分だと思い、そういう部分を歌詞に落とし込んでいきました。

――今回は詞先で制作された?

内澤崇仁 初めはメロディも歌詞も、楽曲の構成も同時にできました。ギターのリフから始まるバンドサウンドの曲だったのですが、映画のプロデューサーの方にデモを聴いてもらったところ、「もう少しエレクトロなサウンドも聴いてみたい」と。あと、Aメロの部分は辛らつな言葉をラップ調で歌っていたのですが、その部分をメロディアスにしたものを聴いてみたいと。

 その中で<本当は特別になりたい>というフレーズがあって、そのフレーズをもう少し膨らませた世界観も聴いてみたいとの事だったので、そうしたやり取りの中で段々と変化させていきました。

――メンバーの皆さんは最初の状態を聴いていたのですか?

佐藤拓也 聴いていました。エレクトロなサウンドに変わった時に言葉数は減ったものの、映画の物語との距離感がいい感じになったと思います。

 この映画は、ある意味人間の「二面性」をテーマにしているところもあると思っていて、僕らの作り続けている音楽の世界観とも近いものがあるのでそこが上手くハマったかな、と思います。

前田恭介 僕は、バンドサウンドからエレクトロに変わったものを聴いて、これだけ1曲が幅広く変わるアレンジができる内澤くんって凄いなと思いました。バンドメンバーとして改めてリスペクトですね。

 今回はエレクトロなアレンジで、僕としても新しいチャレンジができたので良かったなと思います。映画の中で僕たちの曲が流れるのを観るのが楽しみですね。

伊藤彬彦 映画の伊藤くんと僕は全く関係ないのですが、この曲のやり取りをしている間、スタッフのメールなどでも件名が「伊藤くんについて」みたいな感じで僕が何かやらかしたのかと思う日々が続いて苦痛でしたね…。

一同 (笑)

伊藤彬彦 でも、いい加減に慣れてきて、こうやってインタビューで「伊藤くん」と言われてもピクっとならないようにはなりました(笑)。

 バンドサウンドからエレクトロになったので、打ち込み方向に振り切っていこうと今まで以上にチャレンジしました。1コーラス全編、生が入っていなくて打ち込みになっていたりします。

打ち込みの良い所と、生音の良い所をきっちりと使い分けていこうと。いい意味での割り切りかたが、パンチのあるサウンドに繋がったと思いますね。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。