【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】AKB48渡辺麻友がAKBとして最後の紅白をセンター曲「11月のアンクレット」で締めくくり、ステージにマイクを置いた。

 AKB48昨年は事前の投票によりセンターをNMB48山本彩が射止め、話題となったが、今年は「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」として視聴者の投票による3曲メドレー。

 本番までどの曲が選ばれるかメンバーは知らない。HKT48指原莉乃は「未だ聞いてないんです。30パターン練習して来てるんで」と練習を重ねてきたと話す。

紅白リハーサル2日目。マイクを置く渡辺麻友

 卒業の為、今回が最後の紅白のステージとなる、まゆゆは「最後なのでセンター曲の『11月のアンクレット』を絶対に歌いたいと思います」と視聴者の投票に願いを込める。山本彩はセンター曲「365日の紙飛行機」は歌いたいと話していた。

 そして順位が発表され、3位「大声ダイヤモンド」、2位「365日の紙飛行機」、1位「11月のアンクレット」の最終順位が決定。まゆゆは、少し目に涙を浮かべた。

 紅組司会の有村架純は「私もハラハラしちゃいました」と述べ、前代未聞の企画に目を輝かせた。SKE48松井珠理奈がセンター歌う「大空のダイヤモンド」から、「365日の紙飛行機」

 そして、まゆゆの投げキッスから始まる「11月のアンクレット」を披露。指原がまゆゆの肩に手をかけて笑いかけた。最後はまゆゆがステージにマイクを置いてステージを終えた。最後にまゆゆは手を合わせ、ファンに感謝の意を表した。

記事タグ