【第68回NHK紅白歌合戦、30日、リハーサル2日目、NHKホール】今年、ロングヒットとなった「ノンフィクション」を披露する歌手の平井堅 。30日、NHKホールでリハーサルに臨んだ。

 ステージは平井堅の独唱ではなく、リオ・パラリンピックの閉会式に出演し、注目を浴びた義足のダンサー・大前光市とのコラボレーションが展開される。リハーサルでは、ステージに仁王立ちで「ノンフィクション」を歌い上げる平井堅。そして大前光市の繰り広げるエモーショナルなダンス。それらは対比するビジュアルアクションなのだが、互いの表現の本質は見事にシンクロしているようだった。

 「ノンフィクション」は、人間の本質をえぐるような感情を呼び起こす作品。この楽曲は、亡き友人と、TBSドラマ『小さな巨人』の世界に合わせて書き下ろした歌詞が多くの人に共感を呼んだ。

 今年、この曲に魂を揺さぶられたリスナーは数多くいる。人間の本質を突いた深い歌詞と、聴く者の心をストレートに打つ平井堅の歌唱。紅白歌合戦というライブ空間での“ノンフィクション”な歌唱と舞い。大みそかでの本番、第68回NHK紅白歌合戦ラインアップの中でも、一層ディープな舞台が繰り広げられるだろう。【平吉賢治】