松山千春が24日と25日の2日間、全国ツアー『松山千春コンサート・ツアー2017「原風景」』の千秋楽を北海道・ニトリ文化ホールで開催。クリスマスの公演ということで、「Silent Night」のカヴァーなどを含む全19曲を歌い上げ観客を魅了。MCでは「100歳になっても歌い続ける」と力強い宣言も飛び出し、2017年を締めくくった。

 10月18日に通算78作目となるニューシングル「初雪」と、2年半ぶりとなる通算39作目となるオリジナルアルバム『愛が全て』を同時発売。これを機に10月5日の神奈川・厚木市文化会館を皮切りに全国20カ所24公演をおこなった

 デビューから40年以上が経った現在もコンサートを休むことなく続け、今回のツアーも全力で走り抜けた。

松山千春

 ツアー最終日の25日の本編は「北風の子守歌」で幕を開けた。この日のステージはクリスマスということで「Silent Night」のカヴァーと自身の「クリスマス」と続き、「銀の雨」、「季節の中で」、「恋」や10月に発売した新作から「初雪」や「淡い雪」などを歌い上げた。

 デビュー曲の「旅立ち」を歌う際には、デビューまでの経緯などを話して熱唱し、「これからもフォークシンガーとして100歳になっても歌い続ける」と宣言した。

 アンコールでは「長い夜」や「大空と大地の中で」などの代表的なナンバーを含む8曲を歌い上げ、約3時間にわたって19曲を歌い上げた。

セットリスト

2017年12月25日

1.北風の子守歌
2.Silent Night(カヴァー)
3.クリスマス
4.銀の雨
5.季節の中で
6おいで僕のそばに
7.恋
8.物語
~インターバル~
9.愛が全て
10.初雪
11.目覚め
12.旅立ち
13.淡い雪

アンコール

1.長い夜
2.人生の空から
3.愛は…
4.津軽のふるさと
5.大空と大地の中で

ダブルアンコール

1.ひとりじめ

記事タグ