アーティストのHYDEが23日・24日、千葉市美浜区の幕張メッセで、スペシャルライヴをおこない、両日計2万4000人のファンに、オーケストラ編成が組まれたステージなどを通して、音楽というクリスマスプレゼントを届けた。(撮影=岡田貴之、今元秀明)

 毎年冬のこの時期に北海道富良野でおこなわれている、HYDEファンクラブイベント『黒ミサ』が、今年はクリスマスのスペシャルライヴとして12月23日と24日の2日間、幕張メッセ国際展示場で開催された。

 両日ともソールドアウトし、各日1万2000人を動員した今回のイベントでは、クリスマスにふさわしい、ダブルカルテットを含むオーケストラ編成で組まれたステージと、レッドカーペットで敷き詰められたフロアで、L’Arc~en~Ciel、VAMPS、そして自身のソロ楽曲に加え、カバー曲をオリジナルアレンジしたパフォーマンスでHYDEの世界が披露された。

 HYDEソロとしての楽曲「WHITE SONG」を皮切りにライヴはスタートし、代表曲ともいえる「EVERGREEN」、『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲「メリークリスマス ミスターローレンス」にデビッド・シルヴィアンがヴォーカルをつけた「Forbidden Colours」のオリジナルアレンジバージョンとglobe「Departures」をカヴァーし、VAMPSからは切ないバラードチューン「VAMPIRE’S LOVE」をパフォーマンスした。

 ライヴ後半はゲストギタリストKen(L’Arc~en~Ciel)とともにL’Arc~en~Cielの冬の名曲「Hurry Xmas」、「winter fall」、「雪の足跡」を含む全18曲を披露。

 「今日はやってよかった。僕自身、楽しんで歌うこと、自分の意思を伝えることができてよかった」と、最後はピアノのみをステージに残し、「未来世界」で冬のスペシャルな夜に幕を閉じた。

 会場を訪れたファンたちは、その特別すぎる夜にさまざまな感情を抱きながら会場を後にした。