4人組ダンス&ボーカルグループのWEBER( ウェバー)が22日に、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ『WEBER Christmas Special Live 〜言うてまだクリスマスじゃねえから浮かれるなよ〜』をおこなった。山下達郎の「クリスマス・イブ」やマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」などクリスマス定番ナンバーのカバーで、間近に迫ったクリスマスの趣向を盛り込み、楽しさも目いっぱい感じさせる一方で、今後の躍進も大いに期待させる充実した展開を見せた。【取材=桂 伸也】

 今年2月にメジャーデビューを果たした彼ら。その1年は、Zepp Divercity Tokyoでのワンマンライブから幕を開け、シングルリリースにツアー、加えてドラマや映画への出演など、幅広いフィールドでの活動を展開し、今後のさらなる躍進を感じさせた。

ダンスと歌が一体となったパフォーマンス 1年の成長を証明

 ステージは定刻ピッタリにスタートした。時間になると会場がパッと暗転、次の瞬間にステージは明るく照らされ、そこに出てきたのは、サンタクロースの姿をしたHayato。白い大きな袋を方からぶら下げ、陽気な姿で観衆の気持ちを和ませる。

 一通りのアピールが終わると、一度Hayatoはステージから離れる。そしていよいよ4人がステージに登場、絶叫のような歓声がフロアからステージに向けて降り注がれた。先程の和やかな雰囲気は一転、ヘヴィ・メタルを彷彿するハードサウンドが鳴り響く「Warrior」でライブはスタートした。クールなTaka.のラップに、エモーショナルなHayatoのボーカルが絶妙に絡み合う。

 その上観衆の高揚する部分をさらに煽るように、Jとlittle Skeetがシャープなダンスを要所で決め、さらなるフロアからの歓声を呼び起こす。骨太な一面も見せ、オープニングから会場を興奮の坩堝と化していた。それぞれが自身のスキルに高いプライドを持ったWEBERの4人。実力はそれぞれの方面で折り紙付きではあるが、この1年でさらに“4人でプレーすることの意味”を突き詰めたようにも見えた。

 「異次元ライダー」「Summer Volcano」「Burning Glow」「秋色の風」と続く、様々なリズムの楽曲を披露した前半、ある時はボーカリスト/ダンサーと別れ、時にそのバランスを変化させたり、さらに歌の表現の一番抑揚が出る箇所に絶妙なダンスパフォーマンスを組み込むなど、個々のメンバーの持ち技よりは、そこに4人で表現する何か一つのものに見せ場をいくつも設ける。歌の完成度とダンスで披露されたストーリー、そしてそのコンビネーションは、一つの完成された作品のようにも見えた。

高い個の力に裏付けられたグループとしての強み

 そしてステージは中盤、「クリスマス」的な趣向を交えたステージへ。会場が一度暗転すると、O-EASTの特徴でもある、ステージ上手に設けられたサブステージのカーテンが開けられた。中には、キーボードを目前に座るTaka.の姿。そしてゆったりとした弾き語りで、クリスマスソングの定番でもある山下達郎の「クリスマス・イブ」を披露。さらい続いてメインステージではHayatoがマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」を熱唱と、極上の歌声が披露される。「クリスマスといえばこれ」といわれるくらいに定番であるそれぞれの曲。それがゆえに、逆に自身の個性を出して歌うことが難しい楽曲であるが、2人はそれぞれの個性をしっかりと発揮しながらも、伸びやかな歌声で聴くものを魅了した。

 さらには特別な趣向としてJがHayatoとともに登場、普段はなかなか見られないであろう、ダンスパフォーマンスを披露。続いてJとlittle Skeetのダンスパフォーマンスへと続く。コミカルな表現から、ここぞとばかりに自分の領分を主張するかの如く、派手で難易度の高いダンスをキッチリと決めてくる2人。会場の興奮は最高潮に達した。この中盤のステージは、4人それぞれの高いポテンシャルを、改めて再認識させてくれる趣向でもあったように感じられた。

 時間の流れもあっという間に感じられたこの日のステージ。後半戦はタオル回しでステージと観衆の気持ちがともに高まっていく「スノキラ☆」より開始した。4人の楽しそうな表情が、改めてフロアの観衆と向き合う。その表情で続いた楽曲のタイトル「Don't Be Afraid」という言葉が発せられるだけで、文字通り「Don't Be Afraid」=恐れることもなく、見る者の気持ちに元気が注がれるようだ。

 躍動感もたっぷりながらリラックスした雰囲気もあり、ステージとフロアの敷居を感じない、アットホームな空気が会場に流れていた。そんな温かな空気に包まれながら、ステージは「雨上がりのキミとボク」でエンディング、さらにアンコールでは2018年3月にリリースが決定している、クールな雰囲気を持ちながらも前向きな意思が感じられる新曲「僕の記憶が嘘をつく」が初披露されるとともに、この日観衆の笑顔への感謝を告げるかのように「笑顔が叶いますように」でステージを締めくくられた。

 ステージパフォーマンス中に見られた、メンバー同士の笑顔でのやり取りが非常に印象的だった。このグループを始めるまでは、全くの赤の他人であった4人だったが、この日彼らが見せたのは「この4人だからこそ、披露できるステージ」であり、それはこの1年で彼らがグループとして大きく成長した証しの一つともいえる。以前、インタビューで彼らが語っていた目標でもある「時代を象徴するグループ」への道のりやいかに? 果てしない目標にも見えるが、彼らであれば、今後の躍進次第では大きな可能性を持っているともいえるだろう。

セットリスト

『WEBER Christmas Special Live 〜言うてまだクリスマスじゃねえから浮かれるなよ〜』
12月22日  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

01. Warrior
02. 異次元ライダー
03. Summer Volcano
04. Burning Glow
05. 秋色の風
06. Taka.ピアノソロ(cover:山下達郎「クリスマス・イブ」)
07. Hayatoソロ〜Hayato&J ダンス(cover:マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」)
08. J&Skeetダンス(「サンタが街にやってくる」〜「オオカミの涙」リミックス)
09. スノキラ☆
10. Don't Be Afraid
11. Fly Higher
12. 雨上がりのキミとボク

encore
E01. MOVE
E02. 僕の記憶が嘘をつく
E03. 笑顔が叶いますように