音楽不況と言われてる昨今、音楽を聴く環境もCDから配信へと流れている傾向にあります。それでも海外と比べて日本はCDが売れています。一部ではグッズとしての役割もあるという話も聞かれますが、いかがでしょうか。

 そうしたなか、ふと疑問に思ったのが、皆さんはCDをどうやって再生、聴いているのか、ということです。

 配信であれば、携帯電話をハブに様々な再生機器に繋げて聴くことはできますが、CDの場合は専用のプレーヤーやDVDプレーヤーがなどが必要になります。自動車の場合は備え付けのカーナビ機器で聴くことはできますが…。そこで、アンケートを取りました。その結果は次の通りです。

 意外や意外、パソコンで聴いている人が4割もいました。若い世代はそもそもパソコンを使用する機会が少なく、文章ソフトや表計算ソフトが使えないという話題にも触れたことがありますが、今回の結果ではパソコンの使用者が多いことがうかがえます。しかもそれを通じて再生している人が4割も。

 ただ、パソコンと言っても、パソコン内蔵のスピーカーあるいはイヤフォンをつなげて聴くのか、それともUSBなどの端子に繋げて、外付けのスピーカーで聴くのか、さまざまあります。残念ながら、今回の調査ではそこまではわかりませんでした。聴く環境によっても変わるでしょう。

 ちなみに、「そのほか」という回答が27%もいました。どの方法で聴いているのか、気になるところです。あなたはいかがでしょうか。

記事タグ