LUNA SEAが、12月23日・24日に開催する、さいたまスーパーアリーナ公演で、メンバー全員の楽器機材の電源供給として、再生可能エネルギー由来の水素と燃料電池自動車を用いる。自動車メーカーの本田技研工業とトヨタ自動車の協力のもとに実施する。

 今年5月におこなわれた、日本武道館公演では、環境問題にも関心が深いギタリストのSUGIZOが楽器の電源供給に燃料電池自動車を用いていた。

 今回はさらに踏み込み、メンバー5人全員の楽器機材電源を燃料電池自動車から直接供給する。環境対策という面だけでなく、「質の高い電気を使用する」ことで、より厚みのあるクリーンな音像を響かせる狙いもあるようだ。

 同ライブは、最新アルバム『LUV』の12月20日リリース後におこなわれるともあって、同アルバム収録の新曲も披露されるかが注目されている。

 公演中は、同会場限定盤が各日5000枚が販売される。この限定盤には、昨年のさいたまスーパーアリーナ公演で初披露された、LUNA SEA初のXmasソング「HOLY KNIGHT」を含む全12曲収録のライヴCDもパッケージされる。