松たか子が16日に放送される、NHK音楽番組『SONGスペシャル』に出演。NHK連続テレビ小説『わろてんか』の主題歌「明日はどこから」やデビュー曲「明日、春が来たら」を歌唱する。また、番組では俳優の高橋一生と初対談をおこなう。

 女優として幅広い活躍をする中、1997年3月に「明日、春が来たら」で歌手デビューを果した、松たか子。今年でデビュー20周年を迎え、NHK連続テレビ小説『わろてんか』への主題歌提供や8年ぶりの『NHK紅白歌合戦』出演など、再び歌手としての活動を本格化させいる。

 そんな彼女が『SONGスペシャル』に出演する。番組では『わろてんか』主題歌「明日はどこから」のほか、初出場した『NHK紅白歌合戦』でも歌ったデビュー曲「明日、春が来たら」、そして松がずっと憧れているというバラードのカバーなども披露する。

 また番組には、今年NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』小野但馬守政次役で大きな注目を集め、現在は『わろてんか』にも出演中の俳優・高橋一生が登場。松と初めて対談をおこなう。

 「従姉妹同士みたいな感覚」という2人は、今年初めに連続ドラマで共演。対談では、2人が影響を受けてきた音楽遍歴から、松がカラオケボックスで目撃した高橋の意外な姿、そして松と2歳になる子供との微笑ましいエピソードまで。2人の懐かしい映像も流れるなど、収録が1時間半を超える大盛り上がりのトークとなった。

 女優として、母として迎えた、松たか子の歌手デビュー20周年。20年の歴史が詰まった楽曲スタジオパフォーマンスと高橋一生との音楽談義を中心に、松たか子の今を切り取る。【松尾模糊】

番組情報

SONGSスペシャル「松たか子」
総合テレビ12月16日午後10時30分~11時14分