来春で番組が終了する、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』が2日放送され、人気企画『抜き打ち期末テスト』が17年の歴史に幕を閉じた。最後のテストで最下位になったのは番組レギュラーの重盛さと美。また、“フィナーレ”では歌手の山本リンダが登場し、歌を捧げた。

 2000年から始まった同企画。抜き打ちのテストをおこない、最下位を決めるもの。今回は、モデルの池田美優や元サッカー日本女子代表・丸山桂里奈らが参戦。珍回答で爆笑を誘った。最終的に最も成績が良かったのは光浦靖子、一方、最下位となったのは、同番組レギュラーの重盛さと美。重盛は過去にも最下位を記録しており、今回で“4冠”を達成した。

 最後の最下位となった重盛さと美。その“栄誉”と番組のフィナーレを飾るべく登場したのは、歌手の山本リンダだった。自身の代表曲「どうにもとまらない」の替え歌を歌い上げた。山本リンダのサプライズ登場に、この日参加した尼神インター・渚は「ほんまにいてるんや」と驚いていた。

 この企画は同番組の人気シリーズ。過去に最下位になったなかで濱口優がダントツに多く6回。次いで重盛が今回で4回。開始当時は、レギュラーメンバーで競っていたが、回を重ねるごとにゲスト枠が増えていった。ちなみに、当時、AKB48に所属していた川栄李奈はこの番組がきっかけで一般的にも知られるようになり、ブレイクのきっかけをつくったとされる。【武田雄樹】

記事タグ