X JAPANのYOSHIKIが29日、東京スカイツリータウン(R)で開催された東京2020パラリンピックカウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 1000Days to Go!」に出席。東京スカイツリー特別ライティングの点灯ボタンを押して1000日後に迫ったパラリンピック開催に向けてスカイツリーがパラリンピックのシンボルである「スリーアギトス」の赤、青、緑色にライトアップ。YOSHIKIは「Xというのは、無限の可能性という意味があります。国境や、人種を越えて人々が繋がれるのは音楽だけではなく、スポーツに関しても同じ。パラリンピックの選手たちが可能性を信じて限界に挑戦する姿に感動する」とパラリンピアンへの敬意を表した。

 「みんなのTokyo 2020 1000Days to Go!」は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都による共催で2020年におこなわれる東京パラリンピック競技大会の開催まで1000日目の節目となる11月29日におこなわれたカウントダウンイベント。東京2020組織委員会「ONE TEAMPROJECT」に参加しているYOSHIKIがゲストとして登場。会場には小池百合子東京都知事、パラリンピアンらが出席し競技説明やデモンストレーションがおこなわれた。

小池都知事は「パラリンピックは東京で2度目の大会がおこなわれるのは初めてのことなんです。私は東京が成熟都市、成熟国家の現れではないかと思っています。パラリンピックの成功なくして、東京大会の成功はないと信じて、皆さんとともに成功に導いていきたいと思っております」と挨拶。

 さらに、ここで「YOSHIKIさん、来ていただいてありがとうございます」と呼び掛ける場面も。大会に向けて小池都知事は「あと1000日、いよいよ始まるなあというワクワク感と、準備を急がなければという思いと両方です。特にパラリンピックの成功が鍵を握っていると思っています。まだまだ、知られていない種目もありますのでしっかりPRもして、実際にプレイして頂いて楽しんでいただくことが成功に繋がっていくと思います」と改めてその決意を語った。

YOSHIKIとXポーズを決めるパラスポーツアスリート

 また、イベントに出席した、鈴木俊一東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会担当大臣は「今日はカウントダウンイベントが盛大におこなわれて、嬉しく思っております。こうした催しによって、成功への機運を高めていけたらと思います。国民の皆さんのオリンピックへの注目は高いと思いますが、パラリンピックはまだまだだと思っております。心のバリアフリーを作っていこうと、車椅子の方や障害者の方が街角で困っていたら自然に支え合う。そうした共生社会を東京大会のレガシーとして残したいと思っております。パラリンピックを盛り上げて成功させましょう」と呼びかけた。

 この日は、パラスポーツ水泳の一ノ瀬メイ選手、陸上競技・高桑早生選手、バトミントン・豊田まみ子選手、車いすバスケットボール・古澤拓也選手、そして柔道の正木健人選手がそれぞれフリップボードに2020年の目標を書き込み発表。メダル宣言も飛び出した。

 YOSHIKIは「X Noting is impossible」という英語でのメッセージをフリップボードに書き込み、その真意について「Xというのは、無限の可能性という意味があります。国境や、人種を越えて人々が繋がれるのは音楽だけではなく、スポーツに関しても同じだと思います。パラリンピックの選手たちが可能性を信じて限界に挑戦する姿に感動しますし、自分としても力になれればと思い応援に駆けつけさせて頂きました」とコメント。

 また、東京オリンピック・パラリンピックを通し、「日本という国はあらゆる困難にも立ち向かっていける、そういう広い心を持った、力強い国に変わっていけばと思います」と希望を語った。

 パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」は赤、青、緑で描かれている。「アギト」はラテン語で「私は動く」という意味で、困難なことがあっても諦めず限界に挑戦し続けるパラリンピアンを表している。点灯セレモニーでは、出席者がステージ上に設けられたスイッチに触れ、スカイツリーがその“スリーアギトス色”に染まった。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ