音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が自身の誕生日である27日に、くも膜下出血でリハビリ中の妻・KEIKO(44)とのツーショット写真を掲載した。遡ること6日前、2人の結婚記念日である22日にもKEIKOの写真を公開。ファンからは祝福や喜びの声が挙がっている。

 2人の結婚記念日である11月22日に、自身のインスタグラムで「朝から、何となく写真の蔵出し。僕、セレクトです。90年代、ノーメイクの画像がたくさん残ってる」と、KEIKOの写真4枚を公開。メイクをほとんどしていない素顔で、笑みが印象的だ。

 ファンからも「結婚記念日おめでとうございます」「素敵なお写真ありがとうございます」と祝福と喜びのコメントが寄せられている。

 その6日後の11月27日にも写真公開。この日は小室哲哉の誕生日で、近影のKEIKOとの2ショット写真に加えて、誕生日ケーキなどの写真も公開。

小室哲哉が公開したKEIKOの写真(Instagramより@tk19581127)

 「皆さまの計らいで、食事ぐらいはできました! 来年は、再来年は、どうなんだろうとは思いますが、瞬間を大事にしなきゃとは思って。今年もよろしくお願いします。ありがとうございます」とのコメントも添えた。

 ファンからは「お誕生日おめでとうございます。素敵な一日一日を積み重ねて素敵な一年を過ごせますように!!」や「お誕生日おめでとうございます。いつまでも仲良しでお元気でいらして下さいね」との声が寄せられている。

 KEIKOは2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在はリハビリ中。昨年は、KEIKOが自身のツイッターアカウント「k’s tenki」で小室との2ショット写真と誕生日会の様子を「今日は、TKの、お誕生日で、食事に、きてますよ~」とのコメントを添えて報告していた。

 このとき公開された写真には、ろうそくの火が灯るケーキを前に座る小室を、花束を持って後ろから覗き込むKEIKOの姿など、仲睦まじい夫婦の姿が活写されていた。【武田雄樹】

過去の誕生日も写真を公開

記事タグ