小池百合子・東京都知事が25日、府中市に新たに開設された競技施設「武蔵野の森総合スポーツプラザ」のオープニングイベントに出席した。この日は私立恵比寿中学のメンバーのほかに柔道家の谷本歩実さん、元新体操の畠山愛理さん、元車いすバスケットボールの京谷和幸さん、元水泳の立石諒さん、元フットサルの甲斐修侍さん、北原亘さんらも登場した。

 武蔵野の森総合スポーツプラザは、東京都調布市に新たに誕生した総合施設。2020年の東京オリンピック/パラリンピックに向けての第一号の会場となる場所で、バトミントン、近代五種のフェンシング、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用される予定。

 さらに2019年におこなわれるラグビーワールドカップの開催のほか、バスケットボール、新体操といった屋内スポーツのほか、コンサート会場としての利用を見込まれている。また、近隣にはサッカー競技などの大きな大会が開かれる、味の素スタジアムが隣接しており、多摩地区の大きなスポーツ・文化の拠点としての広がりが期待されている。

 この日は、施設の開業宣言のため小池百合子・東京都知事も出席、開業を宣言するとともに「この施設、皆さまに末永く愛されるものとしていきたい。オープニングから可愛がっていただきたいと思います」と施設への思いを語った。

 また、「パラリンピック大会の成功なくして、2020年の成功はない」とパラリンピック開催に強い思いを抱いていることを明かした小池知事は、オリンピックに向けての取り組みの一つ「NO LIMITS CHALLENGE」(パラリンピック成功に向け、競技の体験会などをおこなうなどにより、競技自体を広める活動)にも積極的に参加、これまで同イベントのボッチャ競技などの会場にも参加している。

都知事

 この日は、同会場でおこなわれた、シッティングバレーボールの練習を観覧、「私にはできませんね。お尻が大変なことになるでしょうし」などと語り、笑いを誘いながらも選手たちにエールを送っていた。

 さらに「都民の皆さん、市民の皆さんとオープニングを祝えたのを大変うれしく思います」とこの日の感想を語りながら「これからこの多摩地域における一大スポーツ拠点となって、都民、市民の健康増進はもちろん、大きな19年、20年の大きな大会の会場としてさらに育てていきたいと考えています」とその思いを明かした。

 他方、他のオリンピック競技施設準備状況については「着々と進んでいます」と語りながら、合わせてボランティアの整備などの課題を挙げつつ「シッティングバレーボールのような、パラリンピックスポーツ競技は22種目、知られていない競技もありますが、自分でやってみることによって、多くの仲間づくりにつながることになると思います」とコメント。

 自身も積極的にその種目系も活動に参加する意向を表しながら、5000人以上のアスリートに授与するメダルを、不要となった携帯電話の部品から作り上げるという「都市鉱山計画」などを挙げながら「東京2020大会は、皆さんとともに盛り上げる大会です。そのためにも今から是非いろんな面でご協力をいただきたい」と呼びかけた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ