『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手決定の記者発表会見が16日、おこなわれた。初出場者10組、紅白合わせて46組の出場が決定。期待されていた桑田佳祐や安室奈美恵の名前がなかったが、会見後におこなわれた囲み取材で、NHKは「現在も交渉中である」と明かした。

 今回の出場歌手は、去年と同じ全46組。その内初出場は、Little Glee Monster、SISHAMO、丘みどり、TWICE、の紅組4組と竹原ピストル、Hey!Say!JUMP、エレファントカシマシ、トータス松本、三浦大知、WANIMAの白組6組の計10組。この内トータス松本を除く9組が記者会見に出席した。

【投票】安室奈美恵に紅白出演して欲しい?

 今回の出場歌手決定について制作総括部長の矢島良氏は報道陣による囲み取材に応じた。

 今年、紅組の司会を務める有村架純が主演したNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌を歌った桑田佳祐の名前が出場歌手として挙がっていなかったことについて、矢島氏は「現在、出演依頼をしてはいます。詳しい内容については交渉段階ですので差し控える」とコメント。

 また、来年で歌手活動の引退を宣言した安室奈美恵も今回の出場歌手の中に名前はなかった。矢島氏は桑田と同様、「今お願いしているので、状況が決まり次第お伝えしていく」と現在も何らかのかたちでの出演交渉をしていると明かした。

 矢島氏は2人について「ご出演に関しては是非という気持ちはある」と個人的希望を明かした。記者から現在の手応えを尋ねられるも「現在交渉の途中ですので、回答のしようがない」と話すが、「出演して頂くか、頂けないか結論が出るまでは粘り強く交渉を続けていく」と引き続き出演交渉を進めていくという。