倉木麻衣が14日、東京・羽田空港国際線旅客ターミナル4Fの江戸舞台でおこなわれた冬季イルミネーション『羽田Sky illumination~誰も見たことのない光~』の点灯式に出席。会場に設置された電飾の点灯式をおこなうとともに、スペシャルライブを実施。ライブでは、代表曲とともに大田区立羽田小学校の児童も加わり「渡月橋~君 想ふ~」を歌唱した。倉木は点灯されたイルミネーションを見て「とっても綺麗。まるで光が生きている感じ」と感動した様子を見せた。

 倉木は、全日本きもの振興会の提供による艶やかな水色の着物姿で江戸舞台ステージに登場。倉木は会場である江戸舞台にちなみ「和をテーマにしました。色合いも羽田の色にさせて頂いて。素敵な魔法をかけて頂きました」と着物を羽田空港のカラーである青にしたと話した。

 倉木は普段から羽田空港を利用するようで「実は江戸舞台のすぐそこにあるお店で、お買い物をしたりしています。今、その場所で贅沢な時間を過ごさせて頂いていますが、音楽で点灯式を盛り上げていきたいと思います」と利用する店の間近で歌えることを喜んだ。

 点灯式では、ステージ上に設置されたレバーを押し倒し、関係者とともにイルミネーションを点灯。倉木は「こんなに美しい景色はずっといたくなります。素敵なイルミネーションだと思います」と幻想的な景色を絶賛した。

 スペシャルライブでは、倉木の人気曲「Secret of my heart」、「Stay by my side」、「Time after time~花舞う街で~」を煌びやかな空間の中で披露。ライブの最後では、赤く染められたライトアップの中、大田区立羽田小学校の児童も加わり「渡月橋~君 想ふ~」を歌唱し、観衆を魅了した。

大田区立羽田小学校の児童とのコラボレーションで「渡月橋~君 想ふ~」を歌唱した倉木麻衣

 また同曲の披露中、歌詞に出てくる「から紅」に合わせ、イルミネーションが青から赤に変更しており、倉木は「曲に合わせて点灯して頂いて嬉しいです!」とコメント。

 空港にいると旅に出たくなるかというMCからの質問に対して「そうですね。空港に来るとワクワクした気持ちになります。そしてこの江戸舞台で日本の和を感じて、お土産を買って旅立つ。その時間が有意義に過ごせそうですよね」と羽田空港の魅力を語った。

 そして、今行きたい国を尋ねられると「プライベートでアジアの方に行けていないので、機会があったらじっくりと行ってみたいと思いますね」と話した。

 最後に倉木は「ここ羽田空港のイルミネーション江戸舞台の場所は、来年の2月14日のバレンタインの日まで点灯されていますので、ぜひこの感動を味わって頂きたいと思います。とっても綺麗なんです。まるで光が生きている感じ。私もプライベートで、江戸舞台のお茶屋さんでじっくり歌詞などを書いているかもしれません(笑)。素晴らしい時間をありがとうございました」とイルミネーションをアピールした。

 なお、今回点灯した冬季イルミネーション『羽田Sky illumination~誰も見たことのない光~』は、14日から2018年2月14日の期間中の間、4階の江戸舞台、江戸広小路、TIAT SKY HALL前、3階の大屋根天井空間部、チェックインロビー、アクセスホール、2階の駐車場連絡通路、1階のエントランスプラザでおこなわれている。点灯時間は午後4時から午前1時までを予定している。【取材/撮影=橋本美波】