NGT48が、12月6日にリリースするセカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」のType-Cに収録される「ナニカガイル」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeで公開された。映像では、全員自己紹介型の作品となっている。

 この楽曲は、NGT48のTeam NIII16人と研究生9人(2017年10月時点)のメンバー計25人全員が参加した通称“全員曲”と呼ばれる楽曲で、センターは、今年のAKB48選抜総選挙で13位選抜入りと、昨年の100位圏外から大躍進を果たし、同じく圏外からの5位神7入りを果たし話題の荻野由佳と共に注目を集める、高校3年生の本間日陽(ほんまひなた 18歳 新潟県出身)がセンターをつとめる。

 また、10月いっぱいで卒業をした研究生の大滝友梨亜の最後の参加曲ともなっており、全員が1期生のNGT48にとって、特別な思いの詰まった1曲となっている。

本間日陽 MVのもよう

 撮影は、本物の大木をスタジオに持ち込んだ大がかりなセットを前に、早朝からスタート。当日、スタジオでセンターであることを告げられたという本間は、「てっきりセンターのメンバーには前の晩には連絡がいっているかと思っていたので、正直、びっくりしました。でも、全員曲でこのポジションをいただけた、というのは、本当にいつも支えてくれているファンの皆様のおかげだなぁ、と嬉しかったです」と全員曲のセンターに選ばれた喜びを語っている。

 今回のMVの監督は、いきものがかりや木村カエラのMVや、ナイロン100℃、大人計画、阿佐ヶ谷スパイダース、劇団☆新感線といった日本を代表する劇団の数々の劇中映像なども手掛ける上田大樹氏。“今、もっとも勢いのあるグループの1つ”、と言われることも多くなったNGT48のメンバー全員を、最近NGT48に興味を持ってもらった人達や、興味は持っているけれど顔と名前までは一致していない、というような人達に、改めて知ってもらおう!というコンセプトの、全員自己紹介型ムービーともいえる作品を企画。

 メンバー1人1人全員が、直筆で名前とニックネームを紹介、さらに歌詞にちなんだ質問に答えることによって、メンバーのキャラも伝えていこう、という楽しい内容になっている。

 センターの本間日陽は、以下通りにコメントを寄せている。

「NGT48 2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」Type-C収録「ナニカガイル」のセンターを務めさせていただきます本間日陽です。私自身、メンバー全員曲でのセンターは初めてで緊張しています。しかし、この曲の明るく可愛らしい歌詞と曲調と共に、NGT48メンバー全員の良さがファンの皆様に伝わるよう真ん中で精一杯頑張りたいと思います!

 MUSIC VIDEOは、メンバーひとりひとりのカットが見どころです。メンバーの好きなものなどを、この曲と共に知っていただくことができます。最近、NGT48を好きになった方はこれを見てメンバーに詳しくなって頂けたら嬉しいですし、以前から応援してくださっている方には、メンバーの新しい魅力を見つけて頂けたらと思います!

 ライブでも、盛り上がる可愛らしい曲です。メンバーにとっても、ファンの皆様にとっても特別な曲になりますように…。衣装も、前と後ろでデザインが違ったり、1人1人に合わせて襟の形が違っていたり、48グループっぽくて、とってもかわいいので、是非、注目して下さい。それと、この曲は、先日卒業した大滝友梨亜も参加している25人での最後の楽曲となっています。私が大滝さんに抱きついているシーンもあるので、是非、観て欲しいです」

 <期間限定>NGT48『ナニカガイル』MUSIC VIDEO Full ver. / NGT48