女性4人組ロックバンドのCREAが11日に、東京・下北沢ReGで単独公演『CREA無料ワンマンLive!!~レコ発&Aiko祭りだヨ!全員集合~』を開催した。この日はニューシングル「FAKE/One&Only」のレコ発とギターのAikoの生誕祭。この日リリースされた新曲「FAKE」、「One&Only」や「GO MY WAY!」など、新旧織り交ぜたセットリストでアンコール含め全18曲を熱演。集結したオーディエンスをCREAのハードエッジサウンドで魅了した。【取材=村上順一】

目頭が熱くなっちゃう

CREA(撮影=ミズシマトモコ)

 会場は超満員。これから始まるライブへの期待感であふれていた。ラウドロックなBGMが高揚感を煽り、ライブハウスならではの熱気に満ちていた。定刻になるとOPアクトの5人組バンド・いろはがステージに登場。ハードかつスピーディーなナンバーで会場を温め、CREAに繋いだ。

 しばしのインターバルの後、ゆっくりとスクリーンが上がり、メンバーが1人ずつステージに登場「LOCK☆ON☆BEACH」でワンマンライブの幕は開けた。爽快感にエッジの効いたサウンドのコントラスト。そこにNaki(Vo)のエネルギッシュな歌声で彩り、オーディエンスもタオルを回し応戦。そして、Hiroka(Ba)によるゴリゴリなベースサウンドに導かれるように「Last Dance」へ畳み込み、そのサディスティックな歌はオーディエンスを煽っていく。続いてAiko(Gt)の、ディレイの効いた伸びやかなギターソロもアクセントになっていた「LINK」と序盤から疾走感のあるビートで展開。

 「これだけの人がCREAのために集まってくれたと思うと目頭が熱くなっちゃうね」と投げかけ、昨年にリリースした「TimeWalk」へ。夏の青空を感じさせるサウンドスケープでライブハウスを染め上げ、続いて、拡声器を使ったNakiの声がカタルシスを感じさせた「悪女なあの子」を披露するなど楽曲の幅広さを見せた。

 AikaのいななくようなギターソロコーナーからNakiとAikaのスイッチボーカルが印象的な「AR」へ。Miku(Dr)のクリスピーなビートが体を揺さぶる「こぐまのうた」では、Nakiがフロアに向かってクマのぬいぐるみを投げ入れるパフォーマンス。<こぐま♪>のシンガロングで会場の一体感は増していく。「ダリア」では再びオーディエンスによる回転するタオルによって爽快な光景が広がる。
 
 MCでは、Aikoの誕生日を会場全体でHappyBirthdayを歌ってお祝い。フロアではAikoの写真を掲げるファンの姿も。“超クール”がテーマだったというAikoもそれを見て笑顔を見せる。そして、Nakiは、初めての人も参加しやすいように無料したと今日のライブの趣旨を説明、今日どのくらいの人が来てくれるのか正直不安だったことを明かし、集まった多くのオーディエンスを見て改めて感謝を告げた。

最高の笑顔に包まれて最高でした

CREA(撮影=ミズシマトモコ)

 後半戦は「REASON」でスタート。会場の熱量はどんどん上がっていくのが感じられる。情感を込めた歌を届けるNakiの卯歌に応えるかのように拳を振り上げるオーディエエンス。そして、ダンスフロアに変えた「Flap×Slap!」ではダイナミックなMikuのドラムから、アタッキーなHirokaのスラップ奏法でテンションを上げ、「最高の声を聞かせて!」とNakiが投げかけ「君のそばで生きていくこと」に突入。オーディエンスとの絆を確かめるようなパフォーマンスで魅了。

 ライブはラストスパート、「ひとつになろう」と拳を掲げ会場全体で声を上げた「ReBORN」を披露。さらにヘッドバンキングが爽快だった「GO+ON」とアグレッシブなサウンドで畳み掛けるCREA。Nakiは「『One&Only』はセッションからできた曲。手紙を書くつもりで書いた曲だというこの日リリースした新譜から、「One & Only」を届ける。<これから先もそばにいて>と語りかけるように、丁寧に想いを込めて歌い上げるNaki。ミディアムバラードでオーディエンスを扇情させていく中、本編を終了した。

 Aikoコールが巻き起こり、それに応えるかのように本日の主役であるAikoがステージに。「いろんな方に支えられて私たちはいるんだな」としみじみと話すAiko。そして、この日は“ベースの日”ということもありHirokaは「じゃんけんに負けてベースになったけど、負けてよかった。ベースをやっていなければCREAに加入することもなかった」と語った。

 そして、そのHirokaが初めて作詞をし、“前に突き進もう”というメッセージが込められた新曲「FAKE」へ。輝かしい未来へ向けて、新たな一歩を踏み出したCREAを体現したかのような楽曲を全身全霊で演奏。畳み掛けるように、頭を振らずにはいられない「GO+AHEAD」、そして、「みんなの最高の笑顔に包まれて最高でした」とラストは「GO MY WAY!」へ。シンガロングが響き渡りワンマンライブは大団円を迎えた。

セットリスト

01.LOCK☆ON☆BEACH
02.Last Dance
03.LINK
04.Time Walk
05.悪女なあの子
06.リフレイン
07.AR
08.こぐまのうた
09.ダリア
10.REASON
11.Flap×Slap!
12.君のそばで生きていくこと
13.ReBORN
14.GO+ON
15.One&Only
ENCORE
EN1.FAKE
EN2.GO+AHEAD
EN3.GO MY WAY!