男性7人組ボーイズグループのiKONが10月28日、千葉・幕張メッセイベントホールで『iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演』を開催した。同公演は5月20日の京セラドーム大阪公演と6月17日にメットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)でおこなわれた日本ドームツアーの追加公演としておこなわれたもの。ニューミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』に収録の「BLING BLING」やデビューアルバム『WELCOME BACK』に収録の「WELCOME BACK」など全23曲を披露。アンコールでは、メンバーがハロウィーンにちなみ仮装し、観客を魅了した。その公演の模様をレポートする。【取材=橋本美波】

あなたを愛している

ライブのもよう

 ライブ当日は小雨が降り注ぎ、気温も20度を下回る寒さだったが、大勢のiKONIC(アイコニック:ファンの名称)が会場に集結。開演時刻になると場内が暗転し、iKONのイメージカラーである赤色のペンライトで、会場は赤一色になっていた。するとB.I(ビー・アイ)、JAY(ジェイ)、BOBBY(バビー)、SONG(ソン)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、CHAN(チャン)がステージの奈落から登場。会場から溢れんばかりの黄色い歓声が湧く中で、「幕張へようこそ!」とB.Iが叫ぶと炎の特効が燃え上がり、ニューミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』に収録の「BLING BLING」でライブは幕を開けた。

 ゴージャス感漂う金色の衣装を揺らしながら、躍動感あふれるダンスを魅せ、序盤からエンジン全開のパフォーマンスを繰り出すiKON。iKONICも彼らに釘付けになりながらも、赤いペンライトをリズムに合わせて振り、思い思いにはしゃいでいる様子であった。

 そして、iKONは設置されている花道を走り回りながら「SINOSIJAK REMIX」や「JUST ANOTHER BOY」を歌い、iKONICに投げキッスをしたり、ウインクを決めるなどして、iKONICのハートを鷲掴みにしていく。

 MCでは、iKONのリーダー・B.Iから始まり、各メンバーがそれぞれ丁寧に挨拶。中でもJU-NEは「あなたを愛している」と発言する瞬間もあり、iKONICたちをメロメロにしていた。

 挨拶を終えるとメンバーは椅子に腰かけ、<大好きだよずっと>というストレートな愛の歌詞が印象的なミドルテンポのナンバーの「MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)」を語りかけるように歌い、ラブリーでキュートなラブソング「#WYD」を続けて披露した。

 続くMCでは、JU-NEが最近聴いているというウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」を弾き語りでワンコーラス披露するという場面も。その後、JU-NEが作詞・作曲を担当したオリジナルソング「あなたが好き」を、アコースティックギターで弾き語った。ユーモアセンス溢れる歌詞に会場からは笑い声も起こっていた。

 ライブ中盤ではB.Iがチェックのシャツを羽織り、ソロナンバーを披露。続けてBOBBYもソロナンバーを披露し、互いに男らしいラップを全面的に押し出し、ワイルドさ際立つ歌い方でiKONICを湧かせた。

 B.IとBOBBYは楽曲を歌い終えると、花道を歩き周り「みんなご飯何食べた? 飯食った?」などといった会話をiKONICに投げかけていく一面もあり、場内は黄色い歓声に包まれた。

アンコールはハロウィーンムードで

ライブのもよう

 後半では、女性ダンサーが赤いキャリーバックを使い、iKONICのステージを彩る「AIRPLANE」や「JUST GO」などを披露。圧巻の歌唱力とダンスでフィナーレまで全速力で走っていった。

 その後もアグレッシブなダンスナンバーで、iKONICの熱をどんどんヒートアップさせていった。途中のブレイクタイムではBOBBYのリクエストで、CHANが満面のスマイルを見せる一面も。これに対し「可愛い!!」という声が飛び交い、CHANもはにかみながら照れていた。

 また、DKが、先輩アーティストであるBIGBANGのメンバー、D-LITE、G-DRAGON、SOLのモノマネをするというシーンもあり、クオリティーの高いモノマネにiKONICからは盛大な拍手が送られた。

 そして、B.I、JAY、BOBBY、SONG、DK、JU-NE、CHANは、汗だくになりながらも花道を歩き、ラスト曲「LONG TIME NO SEE」へ突入。<君に会いに来たよ>という愛のある歌詞を優しく歌い届けていき、会場全体を温かい空間に。曲が終わると「ありがとうございました!」と感謝を述べ、彼らはステージから去っていった。

 本編は終了したが、iKONICからのラブコールの声により、再びステージに登場したiKON。彼らは天使や悪魔、スパイダーマン、ドラキュラ、などに扮した仮装で現れた。中でもCHANは、米国映画『ダークナイト』に出てくる悪役のジョーカーに仮装。これには、iKONICからも喜びと歓声の声が会場に溢れた。

 そして、彼らは仮装をしたまま花道を歩き周り、ハロウィーンのようにお菓子やタオルを投げ、会場を幸福なひと時へと作り上げていた。アンコール曲を計3曲披露すると、最後に「今日も来てくれてありがとうございました! iKONIC・JAPAN大好きだよ! 以上僕達はiKONでした!」と言葉を届け、追加公演を終了した。

セットリスト

01.BLING BLING
02.SINOSIJAK REMIX
03.JUST ANOTHER BOY
04.MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
05.#WYD
06.BE I REMIX_B.I
07.HOLUP! REMIX_BOBBY
08.ANTHEM REMIX_B.I&BOBBY
09.RUNAWAY_BOBBY
10.PERFECT
11.AIRPLANE 12.JUST GO 13.APOLOGY 14.RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
15.B-DAY
16.DUMB & DUMBER
17.WHAT'S WRONG?
18.WORLD WIDE
19.LONG TIME NO SEE

ENCORE

EN1.WELCOME BACK
EN2.M.U.P
EN3.BLING BLING