元SMAPの香取慎吾が11日に自身のインスタグラムを更新。お笑い芸人のバービーや安藤なつとの異色3ショットを公開した。香取はその写真とともに「#ホンネロス」などのハッシュタグも付けており、香取自身もまだ番組の余韻に浸っている様子がうかがえる。=写真・香取慎吾が公開した、安藤なつとバービーとの3ショット写真。「両手に花」と綴っているが、その“花”が見切れている…(Instagramより@katorishingo_official)=

 香取や、稲垣吾郎、草なぎ剛の元SMAP3人が出演したインターネットテレビ局・AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』。「AbemaTV」過去最高視聴数となる7400万以上の総視聴回数を叩き出した。

 彼ら自身も森且行との再会などを始め、様々な出会いがあった同番組。稲垣は放送前に「ず72時間もやっていただけるということは、本当に感謝したいですよね。リアルな気持ちが伝わればなと思います」と意気込みを語っていたが、番組終了間際、森からの手紙に3人は涙を流すなど、感慨深い表情を見せていた。

香取慎吾が公開した、テレビ朝日・大下アナとの2ショット。メッセージは「スマステ」の冒頭のくだりが…(Instagramより@katorishingo_official)

 放送終了から3日後の8日に、SNSに新たな投稿をおこなった香取。更に3日後の11日に投稿したものはいまの心境を伺えるものだった。

 香取がこの日公開した写真はセルフィー。中央に構えた香取は「両手に花」とコメントを添え、右側に安藤なつ、左側にバービーが写ったワンショットを掲載。この写真では安藤なつ、バービーともに画像に入り切らず、顔半分だけが写った見切れた状態で、この写真に対してファンからは「花が、半分ですやん」とツッコミが入っている。

 その一方で、香取は「#ホンネテレビ」「#ホンネロス」などのハッシュタグも付けている。『72時間ホンネテレビ』が終了して以降、ネット上などでは“ホンネロス”のワードが広がり、番組終了を残念がる声が相次いでいた。

 出演者である自ら“ホンネロス”状態にあることを告げている香取には、ファンから「ほんとホンネロスだよ」「猛烈にホンネロス」などと同調するコメントも数多く見られ、「72時間じゃなくていいから、またやってください」などとリクエストも続々と寄せられている。

 過去には、“芸能界引退説”まで飛び出した香取。元SMAP3人で歩み始めた証と言っても良い『ホンネテレビ』は香取にとっても、ファンにとっても思い入れの強い番組の一つになっているようだ。【朝倉浩正】